神棚をガラスケースに入れておきたい 小型、中型サイズのガラスケース

イメージ
小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

ガラスケースのみの場合には小型サイズ向けと中型サイズ向けに2種類を作っています。
まだ神棚が新しいうちに入れておくといいでしょう。

箱宮神殿の宮型部分と単体である宮型では大きさが違います。
このガラスケースは通し屋根三社、屋根違い三社などの単体の神棚をすっぽり収めることができるケース。

箱宮神殿のようにするわけです。
ただ、神棚を入れることだけで使われるわけではありません、大きな木札を立てかけるようにしたいとき、御神体が物体のような形状で神棚では入らないときなどでも使います。



背面には吊り下げ金具を取り付けてありますので、そのまま壁にかけたいときでも大丈夫ですが、壁への取り付けについては手慣れた人にやってもらってください。
近年ではこのようなガラスケースをすでにある棚板の上に置いたり、タンスなどの上で使ったりと、従来の壁掛けとは違う使い方で神棚を祭っていることも増えました。
どのような形でも対応できると思います。

側面のガラスは外せません、正面のガラスは4枚使いますが、これは後入れですので、毎日開閉するのが大変だという場合には中2枚は開けておくとか使わないなどもできます。


小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

いつかは持ちたい使いたい 本物の八脚案 組立式と固定式

一段式 二段式 三段式の八脚案 八足台 組立式と固定式

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bad7c3c5b5.html

こういうものはプロしか使わないと思っている人たちも多いと思いますが、ほぼ正解です。

しかし、そういうものを自宅で使う人たちもじわじわ増えているのも事実です。

おまかせ工房ではよく八脚案を作らせてもらっていますが、個人利用がとても増えてきました。


本物を使ってみたかった、神棚の祭り方を変えてみたくなった、手が届かないからこちらの方が便利そうだ、、、と、理由はいろいろあります。

意外と手が届かない、天井付近にあるより台の上に乗せておきたい、という年齢的な事情かなと思わしき理由が目立ちますね。


おまかせ工房の八脚は一枚板を使います。

木を合わせて作る方法もありますが、それはしていません、それだと安くできる反面、本職の人たちには需要がありません。


素材として国産桧と北米産桧を選べます。

北米産桧のことをスプルースと言います、国産桧に比べると若干白い。

年数が経ってくればほぼ変わりません。

決定的に違うのは、その価格です。



八脚案には決まった高さというものはありませんから、指定をしてください。

二段式、三段式であれば格段の高さです。


細かいことは店長に聞いてみてください。

どちらにしても注文後に寸法などの確認をしなければいけませんので、こちらから電話をします。



一段式 二段式 三段式の八脚案 八足台 組立式と固定式
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bad7c3c5b5.html



興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

八足台・八脚案・八脚台と言われる机のようなもの