投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

今年の破魔矢の飾り方 向きや方向を変えてみる

イメージ
破魔矢の飾り方
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html

去年と同じで行くべきか、変えてみるべきか、、、それが問題だってほど考える必要はありませんね。

なんとなく向きを変えてみたければ右向きを左向きにするのもいいでしょう。

しかし、どういうわけか、、、考えてしまう、位置を変えたり向きを変えたりすることに躊躇してしまう。

気分は一新・・・・新鮮味があると弾みもつきます。


おまかせ工房の破魔矢置台シリーズは6種類作っています。


破魔矢の本数を増やしてみる人が増えたみたいですね、2本の破魔矢が家にあっても面白い。



どうも今年の方角はこっち向きというようなものがあるような、ないような、そんな話を聞いたことがありますが、一応、破魔矢置台はそれらの要望にも耐えうると思います。

単体で使えるからです。

どこでも置ける、どこでも似合いますよ。



神前破魔矢置台
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html




興味のある方は是非ご覧ください。

【神道】金幣芯「吊下型十文字台筒型」

イメージ
【神道】金幣芯「吊下型十文字台筒型」http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ea2bbe6cf2b.html


神具の中で金幣芯というものがありますが一般の人だとこれが何だかわからないって人がいますね。

まぁ、過去にいろいろ書いているので今回は金幣芯の中でも一体何でしょう?というものを紹介してみたいと思います。


家庭で置いておくことは滅多にありません。

神社でも置いてあるところは少ないかな。

いや、、、よくあるかな?どっちだろう。


ならば、これを使ったところを見たことがあるという人は・・・・これは少数だと思います。





使うっていうことは道具です。

持ち上げて振る。


ジャラジャラ♪と音がします。


こういう神事を受けたことがある人は少ないと思うな~。




【神道】金幣芯「吊下型十文字台筒型」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ea2bbe6cf2b.html




興味のある方は是非ご覧ください。

御霊・・・【錦覆付,檜角型,操出型,御剣型御幣付,御剣型,御幣】

イメージ
御霊・・・【錦覆付,檜角型,操出型,御剣型御幣付,御剣型,御幣】http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html

まず下記の画像はおまかせ工房で扱っている御霊を一同に介して並べたときの画像です。

世の中にはもっと沢山の御霊の形があるのかもしれませんが、おまかせ工房ではこの種類のみ。


たまに、いや稀というぐらいの問い合わせで、御霊(みたま)って神棚の中に入れるのか?と聞かれることがありますが、どうでしょうかね、、、普通は入れないと思います。

もっとも神棚ではなくて御霊舎・神道祭壇というものがありますので、そちらに入れるべきものでしょう。


それでも入れてはいけないなんて決まりはないので、さらに深く知りたい場合には神職に相談されるといいと思います。





昔話になりますが、神棚の横に錦覆式の御霊が置いていた方がいました。

店長も見ればそれが何かわかりましたので、横の御霊は何ですか?と聞いた所、「これ自分とかかわりのあるところの御札」という返答。

こういう使い方をすることもあるんだなーと思ったことがあります。


だから、話の行き着くところは「自分の思うようにしたら良い」ということです。

とても日本人なモノの考え方ですね。

道です、道。


特に日本男児にとっての「道」は、感慨深いものがあります、歴史の重みを感じる瞬間。





御霊・・・【錦覆付,檜角型,操出型,御剣型御幣付,御剣型,御幣】
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html





興味のある方は是非ご覧ください。

八足台・八脚案・八脚台と言われる机のようなもの

イメージ
八足台・八脚案・八脚台http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bad7c3c5b5.html


この画像だけでは初見の人はなんだかわからないかもしれませんが、日本の文化の中ではとても馴染み深いものです。

呼称として何通りかありまして、八足台とも八脚とも八脚案とも言われるものです。

簡単に言うなら神様用の机。

でも使い方がいろいろありまして、人が使う机のときもあれば、三宝などを乗せる机の時もあれば、神棚を祀る台としても使うことがある便利机みたいもんです。

一段で使うことも二段にして使うことも三段にして使うこともありますが、四段五段・・・とはいきませんね、四段以上は見たことがないし作ったこともないです。


八足台は足に特徴がありますが、天板の方が金額が高い、無垢板で作る贅沢な台です。





なんでも既成品に慣れてくると、八足台という台がすでにあるもんだと勘違いしやすいですが、八足台には決まった高さというものがありません。

すべて受注生産になりますので、高さを何センチ、一段目は何センチ、二段目は何センチって具合に決めてから作るわけです。


段差は三宝などを置くのであればその高さにすることが多くて、5寸~6寸ぐらいの落差ですかね。


神様を祀ると聞くと、なんでも上に上にするもんだと思っている人も多いようですが、目線で祀る方が良いなーと思えば、それでもいいんです。
目線より少し下になってもいいし、床の間などに祀る人たちもいますね。


神道祭壇を使っているのであれば、その前に置きます。

何かの時にサッと出して、行事が終わればサッとしまう。


神棚は天井付近に祭っていることが多いんですが、元気で体がバリバリ動くときには気づかないと思います・・・・・腕が上がらない・・・・台の上に乗ると転びそう。

老いは避けられませんね。

そういうときには八足台の高さを150センチぐらいにしてそこに神棚を祭るといいでしょう。

水の取り替えなどが楽になる。



150センチぐらいのように高さが高いとき一段だと不安定になりやすいので、二段にしておくことを薦めます。

それと150センチまでであれば料金内で作れますので、わからないときには相談してみてください。



八足台・八脚案・八脚台と言われる机のようなもの
http://store.shopping.yahoo.co…

お稲荷さん 神前幕

イメージ
お稲荷さん 神前幕http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0cb.html


恐らく、最も勘違いされ全国に広まっているだろうと思われる信仰に稲荷信仰があるのではないでしょうか。

これは良いお稲荷、これは悪いお稲荷と、お爺さんお婆さんの世代では口にする人も多いかな。

全国に広まってしまったので、家にお稲荷があるご家庭も多いと思います。

世代が変わったけど先代の置き土産でどうしょうもなくそのままにしていたり。

中には祟りを言い出す人も現れたりと話題が尽きないのが稲荷です。


だいたい稲荷って何よ?と思えば不思議でもなんでもなくて、祟りなんかアホらしくなります。

お稲荷さんっていうのは宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)という神様。

っで、これ一体何者?と思考回路がこないといけません。


稲穂の柄からもピンとくるでしょうけど、農業ですね、五穀豊穣です。

ともかく大昔は食うのに困るわけです、名もない農民だと特に。

農業から出発して広く商業、工業と、言うなれば商売ですね。

だから、商売の神様が稲荷。




稲荷紋を使うところで半丁博打を生業としているところがありますね、証券会社。

理屈は捏ねられるんですが、先のことなど誰もわからない。

上がった下がったと一喜一憂の連続ですが、証券会社って意外と神棚に稲荷紋をしていあるところが多かったりもします。


営業職の人なんか良いのではないでしょうかね、個人だろうが法人だろうが商売です。

人と人を繋がないと商売には結びつきません。


人間なんてだらしがないもん。

こういうイメージ図のようなもんでもみて、は!と思い出してだらしなさを解消できればしめたもんです。

だから、稲荷紋はご商売をしているところに多い。



小難しいことは学者さんや研究者に任せておいて、普段の生活で祟りなんかないと思いますよ。

でも波ってありますね、バイオリズム。

調子がいいとトントン拍子、これまた悪いと転がるようにと、まぁこんなもんです。

立て続けに悪いことが起こるときもありますが、それは稲荷とは無関係のような気も・・・・・。



お稲荷さん 神前幕
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0cb.html





興味のある方は是非ご覧ください。