投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

祖霊舎に破魔矢を飾る 破魔矢差し

イメージ
祖霊舎に破魔矢を飾る 破魔矢差しhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hamayaoki004.html

破魔矢を飾っておく場所って決まりはないのでいろいろな場所に置いておくようです。

店長が多く見かけてきたのは神棚ですね。

神道祭壇の置いてある人もいました。


今回の店長ブログは、祖霊舎や神徒壇に破魔矢を飾る置き台のご紹介です。



祭壇形式の場合、内部に少し空間がある。

その下段に破魔矢差しを置いておくと、垂直に破魔矢が飾れる。


場所を取らずにね。


破魔矢が長いようであれば先端を少し切っておきましょう。




おまかせ工房の破魔矢シリーズは、置く、掛ける、差す、立て掛けるの現在4種類作っています。





祭壇内部にもたれかかるように置くよりはるかに見栄えが良いと思います。


祖霊舎などの場合には置き場所に困るようですが、この破魔矢台を使えば解決。


祭壇の横にぶる下げておくのもなぁ~ 上に置いておくのもなぁ~ 変だなぁ~と思うはず。


内部に格好良く飾れると思いますよ。



また、横幅のある祭壇であれば内部に「破魔矢置き」を置いてみるのいいかもしれない。



祖霊舎に破魔矢を飾る 破魔矢差し
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hamayaoki004.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神式・仏式の両方で使える鎮物

イメージ
神式・仏式の両方で使える鎮物http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html


おまかせ工房は神社や寺院からの鎮物の注文が多いところですが、個人の方でも自分で鎮め物を埋めておきたいということで、よく出荷をしています。

そのとき、鎮物自体がよくわからない、ということで問い合わせがありますが、あれこれ調べてから問い合わせてくるようで、神式の鎮め物、仏式の鎮め物は違うのか?という質問をされる。


同じです。

違いはないです。


方法が違うだけで、それは神職や住職がすることなので、個人でする場合には神式・仏式など気にしなくていい。

ただ、本物を使いたいのであれば、これを使ってください。



鉄板を形に切って自作してもいいとは思いますが、どうでしょうかね。

っで、木箱を用意すれば形にはなります。

こういう仕上がったものが広く使われていますので、何も自作までしなくてもいいかと思いますし、作るのは業者が作ればいいように思います。


気になりだしたら埋めてみてください。

自分でやれば忘れることもなく、自分が埋めたという気持ちも高まると思いますよ。





神式・仏式の両方で使える鎮物
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html



興味のある方は是非ご覧ください。