投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

霊璽入れ 御霊入れとして定評のある特上御霊舎 尾州桧シリーズ

イメージ
特上御霊舎 尾州桧 大型サイズ https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan003.html

おまかせ工房の尾州桧で作る御霊舎シリーズはもう何十年も続くロングセラー商品です。

小型、中型、大型があって、さらに幕板の付いた極上シリーズなどもありますが、サイズ的なことからこの特上シリーズがよく出ますね。


シンプルなデザイン、そして、無塗装。

それ故、良い素材を使って作るのが御霊舎としての基本的な考え方になります。


こういうものがあることをネット通販で初めて知った人も多くて、ときには神棚として使えるものなのか? ということを聞かれることがあります。

使ってはいけない理由がありません、ただ、作る側としては御霊、霊璽などを入れてもらうために作っているということだけです。

実際、内部の空間も広いので御神体、木箱入り御札などを持っている人はこのほうが都合がいいようです。





この御霊舎だけを置いておくこともあれば神具を置いて祭っておくこともあります。

竜彫神鏡2寸を軸にした神具一式セットを置いてみた参考例が下記の動画ですので、神具の大きさ比較などにも役立つのではないでしょうか。

特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例 Youtube動画



特上御霊舎 尾州桧 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan003.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神棚の周囲に木製灯篭を置いてみよう

イメージ
尾州桧で作る木製神前灯篭 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html

灯篭にもいろいろあってこのような木製灯篭になると神棚より値がいいということになるかもしれないけど、実は神棚で使うより神道祭壇、祖霊舎などで使う機会の方が圧倒的に多い。

このぐらいの木製灯篭をつかわないとね、プラスティック製の灯篭ではせっかくの祭壇がもったいないわけだ。

置くだけのときもあれば、上から下げて使う吊り灯篭というものもある。

今は全部LED電球に取り替えてあるから熱がこもることはないと思う、ただ、一年365日点けっぱなしということもあるからさ。

吊り下げ灯篭はワンサイズだけ、置き灯篭はいくつかサイズがあります。

おまかせ工房の木製灯篭を尾州檜を使った一級品ランクのものです。



もしプラスティック製の灯篭を使っているときには、木製に取り替えると抜群に雰囲気がよくなると思う、夜になると点灯させたくなる。

吊り下げタイプのものは神棚で使うなら天井から下げる、祭壇だと内部から下げることになる。

あれこれお供えなどを置いて場所がないっていうときには吊り下げタイプを検討してみてください。



尾州桧で作る木製神前灯篭
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html




興味のある方は是非ご覧ください。