投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

神棚をガラスケースに入れておきたい 小型、中型サイズのガラスケース

イメージ
小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

ガラスケースのみの場合には小型サイズ向けと中型サイズ向けに2種類を作っています。
まだ神棚が新しいうちに入れておくといいでしょう。

箱宮神殿の宮型部分と単体である宮型では大きさが違います。
このガラスケースは通し屋根三社、屋根違い三社などの単体の神棚をすっぽり収めることができるケース。

箱宮神殿のようにするわけです。
ただ、神棚を入れることだけで使われるわけではありません、大きな木札を立てかけるようにしたいとき、御神体が物体のような形状で神棚では入らないときなどでも使います。



背面には吊り下げ金具を取り付けてありますので、そのまま壁にかけたいときでも大丈夫ですが、壁への取り付けについては手慣れた人にやってもらってください。
近年ではこのようなガラスケースをすでにある棚板の上に置いたり、タンスなどの上で使ったりと、従来の壁掛けとは違う使い方で神棚を祭っていることも増えました。
どのような形でも対応できると思います。

側面のガラスは外せません、正面のガラスは4枚使いますが、これは後入れですので、毎日開閉するのが大変だという場合には中2枚は開けておくとか使わないなどもできます。


小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

強度と扱い易さを考えたら組立式八足台の方がいいです

イメージ
幅2尺(約60cm)の一段式八足台 スプルース製(北米産桧) http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-hassoku-1-003.html

おまかせ工房ではいろいろな寸法の八足台を作っています。

個人宅で使いたいときには、組立式八足台を薦めています。


固定式と組立式・・・・どちらでも製作可能ですけど、強度面、取扱面、共に組立式の方が長く使えると思う。




固定式っていうのは天板と脚を固定します、固定と言っても取り外すことは可能なので、脚のはめ込み式という言い方の方がわかりやすいかもしれない。

これは基本的に一回差し込んだら抜かない場所で使う。

抜き挿しを繰り返すとガタガタしてきます、木と木が擦れてくるので必ずそうなる。

だから、神社や葬儀場、宗教法人など、一回組み立てたら分解することはまずないような場所向き。


組立式は何度でもできます、掃除をするとき、移動するとき、とっても便利。

それよりなにより強度があるから。





固定式の八足台を移動するとき、天板と脚の要の部分を痛めつけたという話をよく聞く。

そうなったらもう修復不可能なので取り替える。

八足台の構造をみればわかりますね、横からの力に弱い。

だから組立式にしましょうよ、、、ということになります。



小さく低い八足台の場合には固定式でもいいんですけど、高さ50cmを超えだしたら組立式の方がいいと思う。



幅2尺(約60cm)の一段式八足台 スプルース製(北米産桧)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-hassoku-1-003.html




興味のある方は是非ご覧ください。