投稿

負けを寄せ付けない そういう考え方があってもいい 金幣芯の魅力

イメージ
金幣芯を置いてみよう 日本製神具で祭っておこう https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html

邪気でも負けでも向こうから寄ってくると困るんだけど、寄せ付けない力、という考え方があるわけね。

戦いで勝つ、勝負事で勝つ、と聞くとメラメラしてきてやっぱり強いことはいいことだ、そうなりたい、勝負事なら勝って当然と思うかもしれない。

しかし、その勝負すら起きない、勝ちも負けもないのかもしれないけど、戦いで無傷とはいかない。

だったら、寄せ付けないでおけないか、良いものだけ引き寄せたい。


負を寄せ付けない・・・・日本の文化にはこういう考え方がある。


金幣芯でも御幣でもこれはできます。

ただ、金幣芯は高級品、大昔からね、戦国武将もこよなく愛する無くてはならない神具。




しめ縄って張るでしょ? そうするとここから先は神聖な場所だから、むやみに入るなって意味になる。

そして、そのしめ縄に白色の紙が垂れ下がっている、その紙のことを紙垂(しで)と言う。

紙垂の形を思い出すと・・・あれれ・・・金幣芯にも付いている、いや、そのもの。


このしめ縄に付いている紙垂は刃物です。

刃物という意味だね、だから、近づくな、怪我をするぞ・・・という意味になる。

昔の人はそういう部分になんとなくわかる意味を込めるのが上手ね。


ノコギリだ。


使うなら国産神具 金幣芯の魅力
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html



興味のある方は是非ご覧ください。

小型サイズの神棚をそのまま入れられるガラスケース

イメージ
三社の神棚や大きな木札などを入れておくことができます https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

ガラス箱宮の外箱という方がわかりやすいと思います、そのまま手持ちの神棚をすっぽり納めることができるガラスケース。

おまかせ工房の弥栄屋根違い三社小型を入れるために作り出した入れ物。

サイズが合えば何だって使える。


ところで、箱宮用の神棚と屋根違い三社などの神棚は作りが少々異なるわけです。

箱宮用の神棚は全体に小型であり背面が必要なかったりするわけですが、普通の屋根違い三社や通し屋根三社などは奥行きがややある。

そのため、後から入れられるこのようなケースは奥行きを取ってあります。

そうしないと神具などを並べるスペースがすくなってしまうからです。


小型サイズの神棚をすっぽり納めるだけの空間があると同時に、外寸もみておいてください。

意外と、、、大きいんですよ。


壁に設置するときでも置いておくだけのときでも、メジャーなどで「 このぐらいの場所はとるな 」とやってみてください。


【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き ---詳しい紹介--- 外寸 高さ48cm 幅61cm 奥33cm 内寸(本社) 高さ44cm 幅53cm 奥27cm

備考 内寸(本社)とは内側の空間を指します。

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社(小)に最適なサイズです。




小型サイズの神棚をそのまま入れられるガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

木製桶の使い方 地鎮祭の準備事

イメージ
地鎮祭 手水用具 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

なかなか日常生活で使われることがなくなってきた手水用具ですが、そのため基本的な使い方も忘れられがちですよね。

普段使いより地鎮祭などの祭事で登場する機会の方が多いのではないでしょうか。

桶がありますが、これは濡らしてから使います。


経験のある人であれば、当たり前、となることでも言われてみないと気づかないこともある。

濡らして木を膨らませて水漏れしないようになる。

乾燥している状態に水を入れると水漏れの原因になりますね。


だから、、、、前日でもいいので濡らしてから使ってください。


カラカラに乾いている桶に水を入れたての間は水漏れするかもしれませんが水を入れておけばOKです。




桶はカラカラにしない、、、、使う前に覚えておいて下さい。


しばらく使わないときには、これとは逆です。

カラカラにしてからしまう。


せっかく良い素材で作っている手水用具です、使うときの準備も忘れずに。




地鎮祭 手水用具 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

ケヤキの神棚 屋根違い三社 通し屋根三社 欅製

イメージ
欅の神棚シリーズ 屋根違い三社 中型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00105596217918.html

神棚の商品名で【 欅 】【 新欅 】というものがある、新欅っていうのはケヤキではない。


昔は異様に高かったんだけどね、ケヤキ製。

今でもケヤキの神棚になると2倍ぐらい違うから新欅という商品が出てきたんだと思います。


欅の特徴はその強い木目、木目のことを木理ともいう。

そして、、、重さ。

比較できないとその重さを体感できないと思いますが、同じ大きさの檜製と持ち比べると重さの違いにびっくりしますよ。

だからって、人が持てないような重さといいうことではありません。

お!ずっしりくるな・・・・というぐらいの違い。


欅っていうのはその硬さから加工しずらいんです。

神棚だと直線の組み合わせで出来ているからまだまだ作れますが、曲面などは無理かも。

刃を入れた瞬間に素材んぼ硬さというのは感じ取れます。


おまかせ工房では通し屋根三社の小型と中型、そして、屋根違い三社の小型と中型の4パターンを用意しています。



欅の神棚シリーズ 屋根違い三社 中型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

御守を掛けておきたい 絵馬を掛けておきたい 専用の掛台

イメージ
絵馬掛台 御守掛台https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html

そのものズバリの商品になります、絵馬や御守を引っ掛けておける台。

置台ではありません掛台です。

絵馬などは置く、立てかけるより掛けておくほうがいいかもしれない。

立てかけておくと見えないこともある。


御守は身につけておかない、持ち歩かないのであれば祭ってしまう手もありますが、さらに簡素化して掛けておくだけという方法もある。


 引っ掛けられるものであればなんでもいいのかもしれないけど、これなら神棚の棚の上でも置けるし、机でもいいのではないでしょうか。




この掛台はプラスティック製です。

もし、木製のほうがいいという場合には、「真榊 木製台軸キット」を利用してもいいでしょう。

ただ、木製の方は2台セットなので、1台だけでいい場合には余ってしまいます。



御守を掛けておきたい 絵馬を掛けておきたい
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html




興味のある方は是非ご覧ください。

縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

イメージ
大黒宮一社 尾州桧 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。

ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズの祭り例

イメージ
ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html

おまかせ工房の注連縄神棚シリーズは小型、中型、大型の3つのサイズがあります。

各サイズの違いは「幅」、大型サイズは幅2尺相当、つまり、60cmほどです。

この箱型神棚の中に神具を収めたときの祭り例が今回の内容。



今回使った国産神具は【雲水彫神鏡2寸と神具一式セット
雲水彫神鏡2寸 高さ約11.4cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB(小)
豆八足台7寸


どの神具を使うとわかりやすいか毎回考えどころですね、こうやってみるとわかりやすいと思う。

神具一式セット、神具一式極小セットと分けていて、今回は「神具一式セット」です。

内部にもっと空き空間を作りたいときには「神具一式極小セット」もいいでしょう。

神棚は祭るものなので明るくしておくといいかもしれませんね。



ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html




興味のある方は是非ご覧ください。