投稿

ぐんぐん昇る 竜彫神鏡の魅力

イメージ
国産神具 極上竜彫神鏡シリーズhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ebcc26ee5bb.html

おまかせ工房には竜彫神鏡には2種類あって、今回は極上シリーズのご紹介です。

やや大きめなので神棚の場合であれば扉の前だと大きいときがあるし、極上竜彫は奥行きもあるから寸法の確認はしてください。

最前列に配置しておくとバツンと何がかくる気迫を感じると思う。


外国産版もあるようですが、やはり神具は国産に限る。




上昇していく願掛けでよく竜は登場してきますね。

男性好みというか、漢というか。


神仏の世界は今でも竜があちらこちらにあって、天井絵だけじゃくて、手水舎の口とかね、水を口から出している造形でもよく使われる。

何かしらの魅力を感じるときがあるわけですよ、竜っていう架空の生き物に人は魅了される。



国産神具 極上竜彫神鏡シリーズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ebcc26ee5bb.html



興味のある方は是非ご覧ください。

鎮物 しずめもの 一度は自分で埋めておこう

イメージ
簡易版でも中身は同じ 鎮物 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004s.html

桐箱版と簡易版がある鎮物ですが、箱の中でに何も入れるものがない場合には簡易版で十分です。

そういう人たちもいるので、中身は同じものを使っています。


箱付きで大麻多めが良ければ桐箱入り。

簡易版も少量の大麻を付けてあるのでそれで結んでおけば十分です。


今、個人で鎮め物を埋めておきたい人が増えてきました。


業者任せ、やったのかやらなかったのか自分ではわからない、中古物件で入手した、集合住宅だけどやはり個人的にしておきたい・・・・などなど。




桐箱入りを選ぶ人は一筆書いたものを入れておきたいときですね。

簡易版でも紙を折り畳んで小さくして大麻で縛って一緒に埋めておくこともできます。

埋めたら二度とみることはないと思いますが、名前と日付ぐらい書いておいてもいいかもしれない。



簡易版 鎮物
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004s.html




興味のある方は是非ご覧ください。

小型の箱型神棚に神具を入れてみたガラス箱宮三社の祭り例

イメージ
ガラス箱宮16号三社 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217916.html

幅48cmほどなので1尺6寸サイズの箱型神殿を使った神具の祭り例になります。

小型の箱型神棚になります。

意外と中に収めることができますが、全て一番小さな神具を選んでフルセットとして販売している国産神具を使ってみました。


引き出しがありますので、榊立ては外に置いてもいいかもしれません。

このまま台の上に置くもいいでしょうし、壁に掛けられるようにもしてあります。




【神具】 ガラス箱宮16号三社 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅48cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅29cm 奥4cm
末社
備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




Youtubeの動画。

【使った神具】
上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 上品

上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸






ガラス箱宮16号三社 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217916.html

上彫神鏡1.5寸と極小神具一式セット 国産神具
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

箱宮の外箱の大きさ比較 中型サイズと大型サイズ

イメージ
箱宮ケース 中型 大型 尾州桧バージョンhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html

箱宮三社の外箱だけを利用して御札などをそのまま祀っておくことがあります、多くの場合には木札などになりますかね。

中型サイズと大型サイズの2サイズを用意していますが、ともかく形が同じです。

そのため、数値で書いてあっても大きさの違いがピンとこないこともありますね。

今回は、、、その2つの大きさ比較です。


容量としてはかなり違っていても、大きさとなるとそれほど変わらないような・・・いや、変わるような・・・という感じですかね。


共に壁掛け仕様にもできますので、この状態でのまま直に壁に掛けたいときには「吊り下げ金具希望」を選択してください。





外側の寸法
中型 外寸高さ37cm 幅47cm 奥21cm
大型 外寸高さ42cm 幅58cm 奥25cm

内部の寸法
中型 内寸高さ32cm 幅44cm 奥18cm
大型 内寸高さ37cm 幅54cm 奥22cm



なお、中型は「箱宮16号三社」の外箱、大型は「箱宮20号三社」の外箱になります。



箱宮ケース 中型 大型 尾州桧バージョン
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コンパクトに神鏡を置いた御札の祭り方 御札舎本一社大型バージョン

イメージ
御札舎本一社 大型 尾州桧 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05440559621791.html

神鏡3寸 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3244.html

シンプルに神札を祀っておきたいときの参考例です。

おまかせ工房の御札舎本一社大型サイズと神鏡3寸を利用してみました。

御札舎の中型、大型には引き出しをつけていますので、そこに神鏡をセット。

この御札舎は壁掛けにしたい人たちもかなりいますので、そのときには「吊り金具希望」を選択してください、こちらで金具を取り付けておきます。


この場合、扉は開けていても閉じていてもいいでしょう。


知っておいて欲しい点として、基本的には神棚の扉は閉めておく、ということですが、これは習慣や地域性がかなり強いので、自分が心地良いほうを選びますね。

今回のような御札専用の神棚のような作りであれば問題ありませんが、神棚の種類によっては扉を開けてると高欄にあたることもあります。

まぁ、とりあえず今回の例では問題なし。





このような状態でも壁掛けできますが、引き出しを固定しておくほうがいいでしょう。

その固定の方法は接着が一番です。

もう決めたものしか乗せない心構えが必要になりますが、木工ボンドが乾いた後でも透明になるので適しているのではないでしょうか。

木工ボンドなどはベタベタつけません、少量で十分。

上手につけておけば引き出しを強く引き出せば取れるくらいの微量の方がいいこともありますね。





御札舎本一社 大型 尾州桧 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05440559621791.html

神鏡3寸 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3244.html


興味のある方は是非ご覧ください。

男性に人気のある箱型神棚のトップランク 雲彫のしめなわ付きガラス箱宮

イメージ
ガラス箱宮三社 注連縄付き 幅1尺8寸仕様 18号 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217914.html

しめなわ付きシリーズの箱宮神殿のご紹介です、こちらのサイズは小型・中型・大型の3のサイズを作っていて、幅寸法の違いです。

いつかはこういう神棚で祭ってみたい人もいると思います。

というより、今ある神棚の交換するタイミングもあるでしょうし、まぁ、いろいろな事情もある。

でも、定番の三社です、雲彫も適度な具合で入れてあります。


左右には柵、この柵は結界ですね。


壁に掛ける人、台の上に置いておく人に分かれると思います。

箱宮はそのどちらも可能、棚板がある人でもその上に置きます。


正面のガラスは4枚後から入れますが、お供えの都度の開け閉めで面倒になるようでしたら、始めら外しておくとか、中二枚だけ開けておくなどするといいのではないでしょうか。






【神具】ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(中)吊下式(神棚)
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅54cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅34cm 奥4cm
末社
備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。

材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。



神棚 三社 ガラス箱宮三社 注連縄付き 18号 中型サイズ 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 【上品】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217914.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神棚 神道祭壇などで使われる真榊 木製台軸仕様

イメージ
三種の神器を祭ろう 真榊 まさかき https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html

真榊という神具があります、初めて見たって人もいるかもしれない。

神棚に置いたり、神道祭壇に置いたりしますが、神社ではさらに大きなものを使います。

神具としては珍しく、置き方が決まっていて、左右の位置が決まってる。


画像のように置きます、これは三種の神器の位置関係ですね。


おそらくカラフルな五色に目がいくと思いますが、この五色の意味はかなり深い。

知ってみたいなぁ~と思ったときにでも検索をしてみるといいでしょう。

「説」が加わってきますので知ろうとすると膨大な情報量になります。





神棚も明るくなりますね。


それと最近だと、榊立ての代わりに真榊を置く人も増えてきました。




三種の神器を祭ろう 真榊 まさかき
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html





興味のある方は是非ご覧ください。