投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

今年の破魔矢の飾り方 向きや方向を変えてみる

イメージ
破魔矢の飾り方
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html

去年と同じで行くべきか、変えてみるべきか、、、それが問題だってほど考える必要はありませんね。

なんとなく向きを変えてみたければ右向きを左向きにするのもいいでしょう。

しかし、どういうわけか、、、考えてしまう、位置を変えたり向きを変えたりすることに躊躇してしまう。

気分は一新・・・・新鮮味があると弾みもつきます。


おまかせ工房の破魔矢置台シリーズは6種類作っています。


破魔矢の本数を増やしてみる人が増えたみたいですね、2本の破魔矢が家にあっても面白い。



どうも今年の方角はこっち向きというようなものがあるような、ないような、そんな話を聞いたことがありますが、一応、破魔矢置台はそれらの要望にも耐えうると思います。

単体で使えるからです。

どこでも置ける、どこでも似合いますよ。



神前破魔矢置台
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html




興味のある方は是非ご覧ください。

絵馬を掛けたい 御守を掛けておきたい そのとき使うスタンド 掛台

イメージ
絵馬掛けスタンド 御守スタンド https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html

具体的な商品名がありませんが、目的としては絵馬や御守を掛けて祀っておける、という至ってわかりやすい商品です。

絵馬って神社の絵馬掛け台に掛けておくことが多いと思いますが、持ち帰ってくる人もいますよね。

神社の絵馬掛け台にもすぐに一杯になって、古いものから処分していきます。

まぁ、それはそれでいいんですけど、やはり、祈願なので手元に置いておきたいわけです。

捨てられては困る・・・・ということ。


それと絵馬については神棚に飾っておくこともある。

そのとき、、、、見えます?

どうしても手前に置きますよね。

もし、一段上げて引っ掛けることができるものがあれば便利ですね。

これで見えます。



御守はしまってしまう人いるので、表に出しておく。

できることなら身につけておくってことなんですけど、毎日使うバッグとかね。

女の人は使うバッグを変える頻度が高いので、入れ替えもちょっと面倒かもとなる。


そんことならいっそうのこと掛けておけばいいのではないでしょうかね。

神棚の棚板の上に御守を祀っている人たちはいるもんです。

小型神殿などを使って祀っている人もいるし、このような簡易タイプの御守掛けを使っていることもあります。



絵馬掛け台 御守掛台
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html



興味のある方は是非ご覧ください。

儀式好きも儀式嫌いも手軽にできる鎮物の埋納

イメージ
鎮め物を埋納しておこう https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b3b0bad7cd.html

個人でできる時代だから一度ぐらいは埋めておくのもいい、鎮物の埋納です。

式典などになると費用もかかるし、儀式のようなスタイルが嫌いな人もいますよね。

気軽にできるから、やってみたらどうでしょうか。


後から埋める場合には、当然ながら更地ではないと思いますので、空いている場所へ埋めておきます。

ともかく敷地内のどこかへ埋めておきます。


自分は埋めたんだ、自分がやったんだ、忘れないぞ・・・・っていう記念日のような節目の日のようなときに埋めておくといいでしょう。


あれ? やったよな? 埋めたっけ?・・・ではいやになってしまう。


簡易版と桐箱版があって、中身の鎮物は同じです。


 一緒に何かを入れておきたいときには桐箱版を使う、特に入れておくものがないときには簡易版を使う。

埋める時そんな深くする必要はないですが、掘り返すことがない場所へ埋めて下さい。

一度埋めたら二度見はないと思います。

感慨深いもんがありますね。



地鎮祭 鎮物 簡易版
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004s.html

地鎮祭 鎮物 桐箱版
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html




興味のある方は是非ご覧ください。