投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

神棚のお供え物が一発で置ける 水米塩の固定台

イメージ
神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html

そのまま使うもいいでしょう、豆八足台と組み合わせて使うのもいいでしょう。

水、米、塩をお供えするときにあると便利な固定台です。

元々は漁船内で使う揺れ対策用の神具置きとして作り始めましたが、家庭の神棚でもあると便利な固定台ですので、一度使ってみてはいかがでしょうか。


今まで一個一個、位置を決めていたことがなくなり、棚板の上に持ち上げるもの一回で済みます。

また、豆八足台との相性がとてもいいので同時に購入していく人もいます。


なお、豆八足台と固定台を同時に購入の場合には、木彫り雲檜製の無料サービスを現在実施していますので超お得でもあります。


固定台、豆八足台共に受注生産なので、この2つを同時購入のときには木目が合います。

別々に購入すると作る時期や寸法も若干違ってくるので、いずれ必要になると思われる場合には同時購入がいいと思います。




神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html



興味のある方は是非ご覧ください。

柄付桶 半桶 書院(勺) 地鎮祭の必需品 特上セット

イメージ
地鎮祭用具 手水一式 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭の場合、用具用品を誰が用意をするのかが話になることがありますね。


神職、僧侶は祭壇などは用意してきますが、その他の手水用具などは各人で用意をすることがあります。

なにぶん初めてのことが多いと思うので、何を用意すればいいんだろう、と考えてしまうわけですが、この3点があればなんとかなります。

あとは鎌鍬鋤は木製が理想的ですが、金物屋で用意する場合もあります。


こちらの手水セット、、、、間違っても寿司桶など用意しないでください。

同じもんだろう、、、、ぐらいに考えていると大恥をかきます。


あ・・・寿司桶じゃねーか・・・・プラスティックじゃねーか・・・・と直前の失敗は用意ができない。





建築会社などは使いまわしていきますが、汚れたら即交換です。

もっとも会社などで用意するときには、まともなものを用意しますし、経験もあるので問題は起きませんけどね。




地鎮祭用具 手水一式 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

魘魅 藁人形 木製人形代

イメージ
木製人形代は人間の分身 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ccdac0bdbf.html

藁人形の上位版のような木製人形代。

木製人形代は祀る道具に使うこもあれば、呪いの道具にすることもある、表裏一体の祭祀具です。

今回は呪いの道具に使う、魘魅の道具としての木製人形代のご紹介です。


平安時代の出土品にあったそうです。

そのときには頭や心臓部分に穴があいていたそうなので、これは恨み辛みのはけ口として使われたと推測されるわけです。

人口は現代の10分の1以下、1000万人弱の時代であっても、そこは人間、、、、いろいろあります。




木製人形代には表面、裏面はありません、好きな方を表面、裏面にする。

表面に名前を書いておく。

穴を開けるもよし、焼くもよし、川に流すもよし、捨てるもよし、埋めるもよし。

どうにもならないときの安堵が得られるのではないでしょうか。




平安時代からあって木製人形代
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ccdac0bdbf.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神棚を箱宮のように使いたいとき神殿ガラスケースは便利です

イメージ
神棚 神棚ケース 神棚入れ 壁掛け可能 ガラスケースhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

小型サイズ向けと中型サイズ向けの神殿ケースを作っていますが、箱宮より大きな箱宮に仕上がります。

というのも、この神殿ケースは通常の屋根違い三社などの神棚をすっぽりと入れてもらうために作っているケースです。


通常の神棚と箱宮用の神棚では大きさが違いますね。


また、神棚のみならず、大きな木札をそのまま祀りたい、兜や雛人形を入れたいなど使い方もいろいろのようです。

節句がらみの人形ケースは黒縁が多いので、このような白木の明るい雰囲気のものが少ないからでしょうかね。


内部の空間もそこそこ広く取ってあります。


そして、このまま台に乗せておくこともできますし、壁に掛けることも可能です。


正面には4枚のガラスを入れますが、使う人、使わない人に分かれるようです。

画像では反射してしまうので4枚のガラスは外して撮影しています。

なお、左右のガラスは外せません。


【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
---詳しい紹介---
外寸高さ48cm 幅61cm 奥33cm
内寸(本社)高さ44cm 幅53cm 奥27cm

内寸(本社)とは内側の空間を指します。

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

当店の弥栄屋根違い三社(小)に最適なサイズです。


Youtube動画です、このような雰囲気になります。





神棚 小型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き 神棚入れ 壁掛け可能 ガラスケース 【上品】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

神道向けの雪洞 これを使います

イメージ
神道で使う雪洞 白木ぼんぼりhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bonbori003.html

盆かあるかと思えば盂蘭盆というものがって、新盆だの旧盆だのと言葉を聞いて、送り火があれば迎え火があって、灯篭があるかと思えば行灯、雪洞、提灯、、、、もうわけがわからないかもしれない。

日本の行事は決め事が多すぎて、理解しようにも難しすぎて、ようやく知った頃・分かった頃には自分の番が近かったという笑い話にもならないぐらい複雑です。


神道はそれでもわかりやすくて、簡素質素なんですよね。

「雪洞 ぼんぼり」って言うんですけど、灯りとりです、魂の通り道を照らします。

だから、神道の場合にはこれを使ってください。

わかりやすいと思う。

仏具の提灯などを見ても外国製のものが多いようですが、神道のものは国産品を使った方がいいんじゃないかなと思う。

職人が作っています。






国産神具を使おう 木製雪洞 ぼんぼり
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bonbori003.html




興味のある方は是非ご覧ください。