木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

小型サイズの神棚をそのまま入れられるガラスケース

三社の神棚や大きな木札などを入れておくことができます

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

ガラス箱宮の外箱という方がわかりやすいと思います、そのまま手持ちの神棚をすっぽり納めることができるガラスケース。

おまかせ工房の弥栄屋根違い三社小型を入れるために作り出した入れ物。

サイズが合えば何だって使える。


ところで、箱宮用の神棚と屋根違い三社などの神棚は作りが少々異なるわけです。

箱宮用の神棚は全体に小型であり背面が必要なかったりするわけですが、普通の屋根違い三社や通し屋根三社などは奥行きがややある。

そのため、後から入れられるこのようなケースは奥行きを取ってあります。

そうしないと神具などを並べるスペースがすくなってしまうからです。


小型サイズの神棚をすっぽり納めるだけの空間があると同時に、外寸もみておいてください。

意外と、、、大きいんですよ。


壁に設置するときでも置いておくだけのときでも、メジャーなどで「 このぐらいの場所はとるな 」とやってみてください。


【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
---詳しい紹介---
外寸
高さ48cm 幅61cm 奥33cm
内寸(本社)
高さ44cm 幅53cm 奥27cm


備考
内寸(本社)とは内側の空間を指します。

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社(小)に最適なサイズです。





小型サイズの神棚をそのまま入れられるガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法