投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

神棚をガラスケースにいれておきたい 神殿ケース中型サイズ向け

イメージ
中型サイズの神棚向けガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html

まず、どの程度の大きさの神棚であれば入れることができるのか? と言えば、このガラスケースは、おまかせ工房の弥栄屋根違い三社中型サイズ専用ということで作り始めたので、その寸法を参考にしてみてください。

もっとも神棚だけを入れてだけではなく、木札などを直に祀っておきたいときでも使うようですが、かなり大きな箱なので、やはり神棚をすっぽりいれておくことのほうが多いでしょう。


このガラスケースは壁に掛けられるようにもできますが、棚板の上に置いたりする場合もある。

棚板の場合には幕板があることもありますので、その幕板は一旦外さないといけないこともありますので、その場合には組み立ての逆をしてください。





【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
---詳しい紹介---
外寸高さ56cm 幅72cm 奥38cm

内寸(本社)高さ51cm 幅67cm 奥33cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社(中)に最適なサイズです。



中型サイズの神棚向けガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html





興味のある方は是非ご覧ください。

御幣を並べる 複数台並べておくこともある

イメージ
御幣 上品http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cabe.html

御幣というものは実に多種多様な使われ方をしていて、一筋縄では説明できないところがある。

弊は各人で作り、その形も様々。

さらにはその弊の形にこだわりを見せるものが、これまた多種あって、どうみてもプロが作った複雑怪奇なデザインの弊などを目にすると、作り方の図面が欲しくなるわけです。


っで、その弊に装飾を加えたりしてみたり、個人個人思うがままに弊作りをしているようですね。


紙にもこだわりだしたら、その種類は無限大。





一台だけ使うこともあれば、数台使うことも御幣にはあって、横並べするときでも同じ寸法のものを並べる人もいれば、山なりにしていく人もいますね。


こういう桧の御幣を使う人もいるし、金幣芯を使う人もいます。




御幣 上品
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cabe.html




興味のある方は是非ご覧ください。

祖霊舎でも棚板でも使える小型サイズの神道御簾

イメージ
祖霊舎でも棚板でも使える小型サイズの神道御簾http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c1c4ceeebc.html

神道向けの祭壇ではお馴染みの小型御簾のご紹介です。

小さい割にはそれなりの価格はしますが、いい物を探している人にはちょうどいいと思います。



神棚の棚板でも使うことがありますが、一方で棚板向け御簾というもう少し簡易タイプの御簾もあります。

こちらの神道御簾を神棚で使う人は、きっと相当立派な神棚を持っている人だろうと思います。



サイズは
【約幅72cm・下がり15cm】・・・【幅2.4尺・下がり5寸】
【約幅68cm・下がり15cm】・・・【幅2.28尺・下がり5寸】
【約幅65cm・下がり15cm】・・・【幅2.17尺・下がり5寸】
【約幅63cm・下がり15cm】・・・【幅2.11尺・下がり5寸】
【約幅60cm・下がり15cm】・・・【幅2尺・下がり5寸】
【約幅54cm・下がり15cm】・・・【幅1.8尺・下がり5寸】
【約幅43cm・下がり15cm】・・・【幅1.44尺・下がり5寸】
【約幅54cm・下がり12cm】・・・【幅1.8尺・下がり4寸】
【約幅43cm・下がり12cm】・・・【幅1.44尺・下がり4寸】


常時、用意できるのはこれらサイズですが、おまかせ工房は御簾屋でもありますので、サイズオーダー可能。

ただ、サイズオーダーの場合には少し割高になる。


これらの寸法は神道祭壇に合わせてあるものですが、サイズが合えばいろいろところで使えます。






もっともっと大掛かりなものの場合には、神前御簾のジャンルになりますが、基本的に作り方は変えていません。


竹ひごの加工、染色の顔料、生地、三色房の素材などなど、コストを落としていけばもっと安くできるかもしれませんが、それはしていない。


それなりの物はそれなりの作り方をして、初めてまともなものとなりますね。




祖霊舎でも棚板でも使える小型サイズの神道御簾
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c1c4ceeebc.html




興味のある方は是非ご覧ください。