投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

おまかせ工房 檜一枚彫りの雲

イメージ
天井につけてあるだけで妙に安心する 檜一枚彫りの雲http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-kumo.html

定期的に紹介をしています、雲板。

目立たせる必要もありません、むしろ隠れさせておくぐらいでもいいぐらいです。

神仏の上に天を作る、いや、創りだすという意味合いですかね。

昔から、気にしている人達の間では広まっている雲板です。


気にしないであれば必要ありません。

仏壇でも神棚でも使います。


付け方は至って簡単で、神棚であれば天井に貼り付けておくだけ。
箱型の神棚であれば内部につけておくこともありますね。
仏壇でも同じ。


見上げて読めるように付けておくだけです、うかんむりが手前。


っで、どうしてこういうことをしているのかって部分を書いてみたいと思います。




地に神仏がくるなんてことはないです、天にきます。

おそらく、いろいろな宗教が世界中にありますが、これは人類皆同じ考え方だと思う。


しかし、住宅事情っていうものあるわけで、日本人はその事情の中で個々に生活をしている。

避けられないこともある。

それが、階上の人、階上の物など、どうして神仏の上に、人が住んでいるんだ?と思ってみても、こればかりはしかたがない。

こういうことは気にしない人にとっては全く気にならない事なんですよね。

でも、ある日ちょっとしたことで気づくことがあって、仏様の上、神棚の上を踏まないで!って感じですかね。


こんなことで相手に文句を言うのは的外れです。

つまらない。


でも対策もできるわけで、それが雲板。

ということで、創りだす、ということなんです。

もやもやは一掃されますよ。



ま、これでいいか、、、、ってことになって、周囲円満で終わる。

つまらないことで争うのはどうかと思う。







おまかせ工房 檜一枚彫りの雲
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-kumo.html





興味のある方は是非ご覧ください。

神道 神楽鈴用垂絹[巫女]

イメージ
神道 神楽鈴用垂絹[巫女]http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/miko013.html

神楽鈴っていうものがありまして、巫女さんが舞いを披露するときに、リンリン♪と鳴らすもの。
これに付けておくパーツが今回紹介する垂絹です。


ダンスではないので、サンバカーニバルのような賑やかさはないんですけど、時代背景を考えながら、大昔の人達がこういう色鮮やかなものを見たら、さぞかし綺麗に映ったんだろうな~と思います。

シルクで作っていくので垂絹と言われます。


子供の舞でも神楽鈴を持たせることがありますが、その時には切って寸法を合わせます。

基本的に大人向けでして、75cm、150cmの二種類があります。





五色旗と同じ配色ということで、その辺の意味合いは深い。

まぁ、そんなことよりヒラヒラ舞って綺麗なもんですよ。


神具として使うこともありますが、神棚で使っているところは見たことないな~。

八脚で使うことはたまにあります。

その時には左右にぶる下げておくだけ。




神道 神楽鈴用垂絹2尺5寸[巫女]
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/miko013.html




興味のある方は是非ご覧ください。