投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

おまかせ工房 檜一枚彫りの雲

イメージ
天井につけてあるだけで妙に安心する 檜一枚彫りの雲http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-kumo.html

定期的に紹介をしています、雲板。

目立たせる必要もありません、むしろ隠れさせておくぐらいでもいいぐらいです。

神仏の上に天を作る、いや、創りだすという意味合いですかね。

昔から、気にしている人達の間では広まっている雲板です。


気にしないであれば必要ありません。

仏壇でも神棚でも使います。


付け方は至って簡単で、神棚であれば天井に貼り付けておくだけ。
箱型の神棚であれば内部につけておくこともありますね。
仏壇でも同じ。


見上げて読めるように付けておくだけです、うかんむりが手前。


っで、どうしてこういうことをしているのかって部分を書いてみたいと思います。




地に神仏がくるなんてことはないです、天にきます。

おそらく、いろいろな宗教が世界中にありますが、これは人類皆同じ考え方だと思う。


しかし、住宅事情っていうものあるわけで、日本人はその事情の中で個々に生活をしている。

避けられないこともある。

それが、階上の人、階上の物など、どうして神仏の上に、人が住んでいるんだ?と思ってみても、こればかりはしかたがない。

こういうことは気にしない人にとっては全く気にならない事なんですよね。

でも、ある日ちょっとしたことで気づくことがあって、仏様の上、神棚の上を踏まないで!って感じですかね。


こんなことで相手に文句を言うのは的外れです。

つまらない。


でも対策もできるわけで、それが雲板。

ということで、創りだす、ということなんです。

もやもやは一掃されますよ。



ま、これでいいか、、、、ってことになって、周囲円満で終わる。

つまらないことで争うのはどうかと思う。







おまかせ工房 檜一枚彫りの雲
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-kumo.html





興味のある方は是非ご覧ください。

神道 神楽鈴用垂絹[巫女]

イメージ
神道 神楽鈴用垂絹[巫女]http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/miko013.html

神楽鈴っていうものがありまして、巫女さんが舞いを披露するときに、リンリン♪と鳴らすもの。
これに付けておくパーツが今回紹介する垂絹です。


ダンスではないので、サンバカーニバルのような賑やかさはないんですけど、時代背景を考えながら、大昔の人達がこういう色鮮やかなものを見たら、さぞかし綺麗に映ったんだろうな~と思います。

シルクで作っていくので垂絹と言われます。


子供の舞でも神楽鈴を持たせることがありますが、その時には切って寸法を合わせます。

基本的に大人向けでして、75cm、150cmの二種類があります。





五色旗と同じ配色ということで、その辺の意味合いは深い。

まぁ、そんなことよりヒラヒラ舞って綺麗なもんですよ。


神具として使うこともありますが、神棚で使っているところは見たことないな~。

八脚で使うことはたまにあります。

その時には左右にぶる下げておくだけ。




神道 神楽鈴用垂絹2尺5寸[巫女]
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/miko013.html




興味のある方は是非ご覧ください。