投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

神棚の設置台として八足台を利用する

イメージ
神棚の設置台として八足台を利用するhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bad7c3c5b5.html

おまかせ工房にくる問い合わせで頻度の高い内容として、八足台関連があります。

神棚の設置台として利用したいんだがどうだろうか?

という内容ですが、設置台としてあるものなので、なんら疑問を持つ必要がないわけです。

でも、初めて作ってみようかと考え中だと思いますので、今回の店長ブログは「神棚の設置台として」を中心に書いてみたいと思います。




まず、幅なんですけど、これはそこの場所次第ですが、狭い過ぎると使い勝手が悪いと思いますので、幅2尺~ぐらいの方が適当かと思います。

2尺というのは約60cmですね、60cm~90cmぐらいがしっくりくるのではないでしょうか。





次に奥行きなんですけど、基本的に八足台というには奥行き8寸で作ります。

8寸というのは約24cmです。


となると、、、、神棚の奥行きと同じぐらい、もしくは少し大きいぐらいで、神棚の前にお供えなどが置けない。

そこで奥行き1尺とすることがあります、これは約30cmです。

しかし、ここからが初めての方々で迷う部分かもしれませんが、八足台には一段、二段、三段というものがありまして、全部一枚の上に並べる必要がないわけです。

そのために、最上段には神棚だけを置き、その下の二段目にはお供えなどを並べる。

そのとき使われるものが「三宝」ということになります。


ですので、三宝の高さ分だけ下げておくという作り方をします。


段差を付けるというのは、初めから決められている寸法はありませんので、使われる方に合わせて作ることになります。







最後に決めてもらう大事なこと。

それが「高さ」。


これは一段式でも二段式でも三段式でも、それぞれの高さを決めてもらわないと作れません。


一段式であれば至って簡単なんですけど、二段、三段となる場合には、一体どのぐらいの差をつけたらいいんだろうか?と考えてしまうこともありますよね。

15cm~20cmぐらいです、そのぐらいの段差を付けておくのが一般的です。




高さについては150cmを最上段として作られる方が、おまかせ工房ではとても多いです。

150cmまでであれば割増料金はかかりません、それ以上の寸法の場合には別途見積になります。




それと追記し…

木製真榊

イメージ
木製真榊http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html

真榊(まさかき)は神道ではよく使われる神具のひとつ。

一般に売られている真榊の小豆というサイズはプラスティック棒・台座でできている。
おまかせ工房では木製棒・台座。

今では全て取り替え済みです。

こういうことは広く知れ渡るようなことでもないので、案外、知らない人が多いと思う。


買ってみて、届いてみて、それを見て、、、、それしか知らないとそういうものだと思ってしまう反面、いやいやどうして木製じゃないんだい?と思う人もいる。



おまかせ工房でも何度か電話で確認、メールで確認を受けたことがありますが、「そちらの真榊は木製ですか?」と聞かれたことがありますね。

木製に変えてありますと言ってます。


変えてあるというか、自社製作で作ってしまったわけですが。。。。



今はネット通販は画像の使い回しなどが多いせいか、自社撮りをしていない店も多々ある。
専門店みたいなところであれば、商品知識も豊富だけど、量販店ではこういう違いがあることを説明するのは難しいだろうなぁ。





木製になった分、少しコストも上がってしまいましたが、おまかせ工房のお客さんには大変好評です。


それと、もし、この軸と台座だけ必要という方がいましたら、交換用の木製軸台は別途販売をしています。





木製真榊
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html





興味のある方は是非ご覧ください。

御札舎を利用すると金幣芯が綺麗に祀れます

イメージ
御札舎を利用すると金幣芯が綺麗に祀れますhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05430559621791.html


金幣芯を奉りたいということがあります。
これが神棚と一緒にということでもなく、単体で置いておきたいというような時ですね。

そのまま置いておくと錆びやすいので、何か良い箱はないもんか?という依頼がありました。
おまかせ工房では御札舎を薦めています。

これだととても綺麗に納められて、常時開いていてもおかしくはない。







御幣でも同じことです。
こういう単体で置いておく場合には、前にあれこれ神具は並べないことが多いようですので、一番小さな御札舎で十分かと思います。
もう一段大きな御札舎だと引き出しが付きますが、金幣芯のときにはいりませんね。

御札舎の詳細については下記商品ページをご覧ください。




御札舎を利用すると金幣芯が綺麗に祀れます
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05430559621791.html





興味のある方は是非ご覧ください。