投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

真榊の軸と台がプラスティックだったら取り替えられる木製軸と木製台

イメージ
真榊の軸と台がプラスティックだったら取り替えられる木製軸と木製台http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401001.html

これは真榊をプラスティック製から木製にチェンジするための部品です。

真榊がプラスティック製だった場合にのみ使うような交換キット。


やっぱり木製の軸、木製の台の方がいいなぁ~と思ったら交換できます。




おまかせ工房の真榊は全て木製軸台ですので、これを別途用意する必要はありません。






簡単に交換できるので、難しい話は一切なし。


正絹の赤糸も十分すぎるぐらい付けておくので、作業はすぐに終わります。



安い真榊はプラスチック製のことも多いので、なかなか知らない人もいるようです。





真榊の軸と台がプラスティックだったら取り替えられる木製軸と木製台
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3401001.html




興味のある方は是非ご覧ください。