投稿

1月, 2013の投稿を表示しています

木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

八足台・・・・小型のタイプ 高さ1尺1寸5分 幅2尺 奥行8寸

イメージ
八足台・・・・小型のタイプhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/beaeb7bfc8.html

大きな八足台は一段式・二段式・三段式とありますが、今回は小さな八足台のご紹介です。


小さな八足台と言っても、高さ1尺1寸5分 幅2尺 奥行8寸。



このぐらいのサイズを床の間に置いておく人もいれば、祭壇で簡易型として使ったりもします。


何かと役に立つのが八足台。


地域によって呼び名が違います、八足台・八脚案・八脚台などと呼ばれます。




今回紹介しているサイズは高さ1尺1寸5分 幅2尺 奥行8寸。

その他には高さ1尺6寸5分 幅2尺 奥行8寸のタイプがあります。




八足台・・・・小型のタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/beaeb7bfc8.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神鏡・・・・あってもいい神具かもしれません

イメージ
神鏡・・・・あってもいい神具かもしれませんhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0.html


神道の場合、神具類は種類が少ないです。

仏壇仏具のような綺羅びやかさがありません。


でも、いくつかあってもいいかなーと思うものに神鏡があります。


神棚の中央に1台置いておくのが普通です。

地域などによって若干の違いがあります、扉ごとに置くところもあるので、こうするのが正しいという言い方ができません。







神鏡を知ってくると金幣芯も置きたくなることでしょう。

金幣芯より神鏡を置く人が多いですけどね。

両方置く場合もあります。


なんというか、神鏡にしても金幣芯にしても神具の意味を知ってくると祭りたくなる。

不思議なものでして、見識知識っていうものは深くなってくると物の見方がかわります。


神鏡一覧
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0.html




興味のある方は是非ご覧ください。

御霊・繰出型・・・御霊をまとめる

イメージ
御霊・繰出型http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html

簡単に言うと、増えた御霊をまとめるもの、ということです。

10台をひとまとめにするもの。


御霊が少ない間は気になりませんが、増えてくると祭壇内に御霊の置き場がなくなってきます。

それら御霊をまとめておくのが、これ。







御霊にもいろいろな御霊がありまして、ご先祖様が多い家系があります。

特に旧家の場合には、6代先、10代先、15代先と延々と続いているものですね。


仏壇で使う位牌にも、同じようなものがあります。

使い方はそれと一緒。


増えた御霊をひとまとめにするのが繰出型。



御霊・繰出型
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html



興味のある方は是非ご覧ください。

御霊舎(みたまや)・・・御霊を入れるもの

イメージ
御霊舎(みたまや)・・・御霊を入れるものhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html


仏教では仏壇、神道では祭壇という区分けがありますが、見た目が明らかに違いますので間違える人はいません。


白木なので塗装をしない分、誤魔化しがききませんね。


今回は御霊をいれるための御霊舎(みたまや)を紹介してみます。


「おれいしゃ」とも読みますが、一般には「みたまや」と呼びます。





そもそも御霊って何?という方々には全く必要がないものです。

難しい話はさておき、「内寸」部分が御霊を入れる空間ですので、既に御霊がある場合には内寸重視で大きさを選んでください。



御霊舎
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html



興味のある方は是非ご覧ください。