定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

鎮物

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html

今年になってから何度か聞かれることがありましたので、鎮物を埋納し忘れた時の対処方法を書いておきたいと思います。


ここでいくつかのケースをそれぞれ書いていても始まらないので、ざっくり言うなら「後からでも問題なし」という結論を書いておきましょう。

こういう物って個人差がありまして、信じる信じないという話で終わりません。

さらに信じる信じないという表現にも個人差があるぐらいですので、一律でこうするこうしないってことではないです。


埋め忘れたのか、埋めてあることを知らなかったのかでも大きく違いますね。

埋める場所がないならどうするか、それでも場所は見つけるべきなのかなどなど、、、モノの考え方は微妙に違います。


2個埋める必要はありませんが、埋めているのか埋めていないのか定かではない場合にはどうするか?などなど、、、これもケースが一杯で一人一人違う。


埋めたくなければ埋めなくてもいい、埋めたければ埋めればいい。

人の自由を拘束する考えはないですね。


埋めないのであれば話はそれでお終い。

埋めたい人の場合のことを少し書いておきましょう。





新築戸建てを購入した場合には施工会社などに聞いてみてください。

場合によっては神職でもいいでしょう、地鎮祭で顔なじみのはずです。

埋めていないけど埋めたい場合には、後から埋めればいいだけの話。

個人で埋めてもいいでしょう。

床下に潜り込めない場合もありますので、どこでもいいです、その上を人が踏みつけないような場所ならOK。

ともかく埋めた、自分で確認してこれで安心できるぞ、と思ったら大成功だと思います。



集合住宅の場合には、これはわかりませんね。

いろいろな人の考え方が入り交じるわけですので、埋めていないことの方が多いかも。

それでも何か自分の中で気になるんだよな~、自分だけのもんで十分だから埋めておきたいって場合には、こっそり埋めるしか無い。

たぶん、管理者は理解してくれないと思うし、管理組合で言ってみても、そんなの知らないな~で終わってしまうことでしょう。

いろいろな人達が集団で暮らしているところに個人の考えを持ち込むのはやめたほうがいいかもしれませんね。

それでもしたいのなら、床下収納があればそこに置いておくぐらいでしょうか。



土地持ちの人達は気にすることが多いです、日本では土地信仰があります。

農地などとなったらとてもこだわりますね、都心の人達には思いもつかないぐらい土地にこだわります。


気になるようであれば埋めればいい。

気楽に考えていてもいいものなのでしょう。

それ歳を重ねるごとに考えるようにもなります。

どうしても迷っている、自分では決めかねる、というのであれば見聞の広い人に相談してみるのも手です。

深みのある考え方を教えてくれることでしょう。





鎮物
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

神前幕は必要なのか?

八足台の用途は多種多様です。