投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

真榊(まさかき)

イメージ
真榊(まさかき) http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html

過去の店長ブログで真榊についての詳細は何度も書いているので、今回は割愛します。


真榊って神社で使うものと、家庭で使うものでは形が少し違うわけです。

もっとも大きさも相当違いますが・・・・。


そして神棚で使う真榊と祭壇で使う真榊も少し違うことがある。

これも大きさが違います。


 ということで、今回は祭壇で使うことが多い三本台の真榊のご紹介です。


大きくなれば土台を安定していかないといけませんので、三脚のような台になる、それだけのことです。


三種の神器を供えてあるわけですが、店長が見てきたお客様の中で三種の神器のうちのひとつである「刀」を真剣で飾っている方が若干ですがいましたね。


脇差しぐらいの短い短刀です。

これ本身ですか?と聞いたら抜いて見せてくれたので、正に日本刀です。

真榊の場合にはぶるさげているのが刀の役目になります。




真榊の意味ってパーツごと個別にいろいろありまして。。。。ってこれは何度も書いているので省略。


意外と知らない神具らしいんですが、どこかで見かけたり、神社の本殿を覗いたりすれば左右に大きなものが置いてある。

あーこういう神具もあるんだなーと思って、少し神職と真榊って何でしょうと聞いてみるといいかも。


そしてご自身の神棚や神道祭壇、神徒壇に飾ってみると、感慨深いものがあると思います。


何かの時に意味を知って、なるほどと思って飾る神具はきっと何かの役に立つのかもしれませんね。




真榊(まさかき)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html






興味のある方は是非ご覧ください。

祖霊舎・御霊舎・神徒壇・祭壇宮

イメージ
祖霊舎http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c6c3bee5ba.html

大きな祖霊舎より小さな祖霊舎の方が今は需要がありますね。

初めてみる人はこれが何だかわからないこともあるようですが、しかたがないでしょう。

神道の人口そのものが少ない。

日本ではお仏壇の方が一般的ですが、なんというか神道のお仏壇が祖霊舎。


なんだか、わからなくなりそうな気もしますが、ついでに書いておくと位牌ってありますね、位牌。

あれの神道版が御霊。


呼び名が違うだけですが、形も違うし、何から何まで違うかもしれない、用途はまぁ同じ。

だいたい、神社の神主って普段は何をしているのか?という疑問も一般人は思うかも。

神道には神道のやり方っていうのがありまして、ともかく人口が少ないので見る機会の方が少ないかもしれない。




神棚として使える?って聞かれたことがあります。

ん~ ん~ 普通は使わない、でもいけないことはない、君次第。
というのも、神棚は神棚ってものがある。
だからそちらを使ってちょうだい、、、、。

大きさやデザインが自分に理想的?・・・・だったら使ってちょうだい、、、、。


祖霊舎っていのは御霊を入れるために、空間が結構ある。

内寸表示でかいてあるから見てもらえばわかるけど、かなり入れられる。

大きなものを入れたい人もいることでしょう。





【神道】特上祭壇宮(スプルース製) 小  【祖霊舎・御霊舎・神徒壇・祭壇宮】
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c6c3bee5ba.html





興味のある方は是非ご覧ください。