投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

神棚のお供え物が一発で置ける 水米塩の固定台

イメージ
神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html

そのまま使うもいいでしょう、豆八足台と組み合わせて使うのもいいでしょう。

水、米、塩をお供えするときにあると便利な固定台です。

元々は漁船内で使う揺れ対策用の神具置きとして作り始めましたが、家庭の神棚でもあると便利な固定台ですので、一度使ってみてはいかがでしょうか。


今まで一個一個、位置を決めていたことがなくなり、棚板の上に持ち上げるもの一回で済みます。

また、豆八足台との相性がとてもいいので同時に購入していく人もいます。


なお、豆八足台と固定台を同時に購入の場合には、木彫り雲檜製の無料サービスを現在実施していますので超お得でもあります。


固定台、豆八足台共に受注生産なので、この2つを同時購入のときには木目が合います。

別々に購入すると作る時期や寸法も若干違ってくるので、いずれ必要になると思われる場合には同時購入がいいと思います。




神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html



興味のある方は是非ご覧ください。

小さな金幣芯・中位の金幣芯・大きな金幣芯を並べてみる

イメージ
一番小さい金幣芯 http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html

よくわからない人も多い金幣芯ですが、知ってくると置きたくなる不思議な神具です。

しかし、この金幣芯には決まりきった置き方というものがない。

自分はこうする・・・・というのが正解です。


一本だけ置く人もいる、御札をいれている扉の前だけ置く人もいる、神棚ではなく単体で別の場所に置いている人もいる、金幣芯そのものを神棚に入れている人もいる、、、、もっともっとパターンがあります。


ところで、そういう並べ方のひとつに何台か並べて置くという方法がある。



神棚の手前に画像のように複数台並べる方法です。


なんだか近寄りがたい雰囲気がメラメラと出てくるわけですが、寄せ付けない。

まぁ、そうとう慣れている人たちがよく行う置き方ですね。





この置き方をしてみたいという人はかなりいます。

これ、ひとつ難点がありまして、、、、、予算がかかります。


だから、御幣でやっている人はいますね。


しばらくは御幣でやってみて、順を追って何かの機会に御幣から金幣芯に取り替えてみてもいいのかもしれません。





一番小さい金幣芯
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html




興味のある方は是非ご覧ください。