投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

小さな金幣芯・中位の金幣芯・大きな金幣芯を並べてみる

イメージ
一番小さい金幣芯 http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html

よくわからない人も多い金幣芯ですが、知ってくると置きたくなる不思議な神具です。

しかし、この金幣芯には決まりきった置き方というものがない。

自分はこうする・・・・というのが正解です。


一本だけ置く人もいる、御札をいれている扉の前だけ置く人もいる、神棚ではなく単体で別の場所に置いている人もいる、金幣芯そのものを神棚に入れている人もいる、、、、もっともっとパターンがあります。


ところで、そういう並べ方のひとつに何台か並べて置くという方法がある。



神棚の手前に画像のように複数台並べる方法です。


なんだか近寄りがたい雰囲気がメラメラと出てくるわけですが、寄せ付けない。

まぁ、そうとう慣れている人たちがよく行う置き方ですね。





この置き方をしてみたいという人はかなりいます。

これ、ひとつ難点がありまして、、、、、予算がかかります。


だから、御幣でやっている人はいますね。


しばらくは御幣でやってみて、順を追って何かの機会に御幣から金幣芯に取り替えてみてもいいのかもしれません。





一番小さい金幣芯
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html




興味のある方は是非ご覧ください。