投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

藁人形より効果的 木製人形代は本格派の人のための祭祀具

イメージ
藁人形より効果的 木製人形代は本格派の人のための祭祀具http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ccdac0bdba.html

鬱憤という言葉の持つ意味は経験してみないとわからない。
積り積もった人の気持ちをどうやって解決したらいいのかわからない人が多くなった時代。

危害を加える行為では、外道の諸行と言われてしまう。

人には知恵がある。

その知恵のひとつに「込める」という行為がある。

これならば人に危害を加えることはない。


鬱憤が晴れることはないだろうが、薄れていくことはある。

薄れていって忘れさせる。


行き場を失った憎悪の行為は自らを没落させてしまうので、祭祀具を使うといいでしょう。


まだまだ場所がある、見つけられたらしめたもん。

平安時代にはすでにあった木製人形代はそのとき使う祭祀具です。





木製祭祀具には表も裏もない。

どちらに名前を書いておく、一人に対して一体使う。


藁人形の使い方に似ているけど、ちょっと違う。


埋めてしまう、焼いてしまう、頭と心の臓に穴を開けてしまう、海や川に流してしまう・・・。


そのときに気持ちを込めていく。




藁人形より効果的 木製人形代は本格派の人のための祭祀具
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ccdac0bdba.html



興味のある方は是非ご覧ください。

灯籠を置こう 神前木製灯籠の魅力

イメージ
灯籠を置こう 神前木製灯籠の魅力http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html

まぁこういう神具というのは日本製の方がいいと思いますが、外国製には価格面で負けます。
とはいうものの、その辺がわかっていると国産しか手を出しませんけどね。

灯籠もいろいろあって、おまかせ工房では木製灯籠だけ、プラスティック製はないです。

灯籠って自作を考えている人も多いジャンルで、なんだか作れそうな気もしてくるかもしれないし、実際、時間をかければ作れると思います。
もし、余暇があって手先が器用であればトライしてみるのもいいかもしれない。
神具全般に言えますけどね、でも、おまかせ工房も負けませんよ、、、、ってね。



ところで、灯籠って最初に神具一式を揃えてみるときに含まれていないことが多いんです。
大体、神具一式というと、神鏡、豆八足台、かがり火、真榊、セトモノぐらい。

他にもいろいろ神具はありますが、灯籠は含まれていない事が多い。


ところが、神道のジャンルになるとほぼ含まれる。

神棚では使う機会が少なくて、神道祭壇では多いという珍しい神具ですけどね。

神様の通り道には必ずある灯籠、、、、揃えておいてもいいかもしませんよ。





どうして祖霊舎では使って、神棚では使われづらいのか?

これ、恐らく灯籠というか雪洞とも関係があるのかもしれない。

雪洞も神道祭壇では頻繁に使われる神具ですけど、夜でも明るくしておくことがある祭壇に対して、神棚は夜に明るくしておくことがないからかな?と思ったりすることがある。


夜の神社って薄気味悪いかもしれないけど行ってみるといいでしょう。

鳥居から伸びる参道には灯籠があって、灯りを点している。

珍しいものでもないんですけどね、家庭では夜は明るくしない・・・・習慣ってやつですかね。。。。




灯籠を置こう 神前木製灯籠の魅力
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html



興味のある方は是非ご覧ください。