投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

人形代

イメージ
人形代http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ccdac0bdba.html



今回の店長ブログは心の世界・・・・なんて話ではなくて、日本昔ばなしのような内容です。

形代ってものが古来からありまして、その中でも人間を形どったものを「人形代(ひとがたしろ)」と言います。


何かと言うと、まぁ、人間の形をしていたほうが人間の気持ちが移りやすいってことなんでしょう。

平安時代の出土品でもあるぐらいなので、大昔から日本にはあったものです。

よく藁人形とごっちゃにされる人もいるようですが、ちょっと違いますよ。

でも同じではないけど違うわけでもない、、、そんな感じでしょうかね。


藁人形と聞くと「丑の刻参り」を連想して、衣類は白装束を身にまとい、顔には白化粧を施し、頭には五徳をひっくり返してかぶり、その五徳にローソクを立てて、履物は一本歯の下駄、アクセサリとして首から鏡をぶら下げ、腰には短刀となる護り刀を携え、口には女物の櫛を咥えている姿を想像しますね。

場所は神社で御神木に五寸釘で藁人形を打ち付けているって具合です。

おどろおどろしい光景なんでしょうけど、これが不思議なもんでして、藁人形を厄除けとして使う地域もあったりして、日本って国はいろんな考え方を受け入れてしまう懐の深さがあります。


っで、人形代も同じような使い方をしているわけですが、これが厄除けにも使われている。

厄除けって言うよりも、もっともっと広い使われ方ですね。

身代わりであったり、疫病除けであったり、痛いところに当ててみたり・・・もういろいろな使われ方です。


どう使うかは貴方次第ってっことなんですが、日本の歴史には欠かせないもの。




今では簡素化されていて紙でできた形代を使うことがほとんどだと思います。

紙の人形代は神社でも普通に置いてあるので、参拝がてらにもらってくるといいでしょう。

願い事なんか成就するって噂です。


平安時代の木製でできていたものが出土していまして杉で作ってあるそうです。

そこでまた「暗い」話なんですが、出土したものには穴が開けられていて、心臓部分やお腹あたりにですね、もうこうなってくると現代版藁人形の世界。

今も昔も憎しみ、恨み、嫉妬、憎悪などは一緒です。


情景を浮かべてみると面白いんですが、平安時代の人口が600万人ぐらい。

現在を…

地鎮祭で使う鍬鎌鋤

イメージ
地鎮祭で使う鍬鎌鋤http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c3cfc4c3ba.html


施工会社が用意することもあれば、施主が用意することもあれば、神社が用意することもある鍬鎌鋤のご紹介です。


いろいろな製品が出まわっているようですが、予算に合わせて選ばれるとよろしいかと思います。


しかしながら、余りにも安すぎるようなものやプラスティックでできているようなものもあるようですが、基本としては桧で作ったものを使います。

あとは桧の質で値段の上下がありますが、おまかせ工房では昔からこのタイプのみを販売しています。






鎌だけ、鍬だけ、鋤だけでも販売をしていますので、交換するときにはご利用ください。


傾向としては使い回しもできますが、土が付いて汚れていたのでは話になりませんので、汚したら交換って感じでしょうかね。


まともな道具を持っていれば、イザって時には便利です。


その都度作っています。



地鎮祭で使う鍬鎌鋤
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c3cfc4c3ba.html





興味のある方は是非ご覧ください。

神具一式セット・木彫りの雲「桧」付き

イメージ
神具一式セット・木彫りの雲「桧」付きhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6f1b0.html


小さな祭壇向けの神具一式セットのご紹介です。

雲もサービスしておきますので、祭壇の上や天井に貼っておくといいでしょう。



神道祭壇も大きさがありますので、今回は御霊舎向けぐらいの小さな祭壇用です。






神棚でも使えますので、揃えておきたい場合には便利です。


大きな祭壇であれば中に入れ、御霊舎などの場合には外に置きます。


御霊舎の場合には、このようなセットを使わない人もいますので、これでいいかなーと思ったらフルセットのものでもいいと思います。



あれを足したり、これを差し引いたりするとちょうど自分好みの祭具セットの出来上がり。



三宝などは大きな祭壇でないと入らないと思いますので、その辺は調子を見て選んでください。


わからないことがありましたら店長に気軽に相談してください。






神具一式セット・木彫りの雲「桧」付き
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6f1b0.html






興味のある方は是非ご覧ください。