投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

一番小さな御霊舎

イメージ
一番小さな御霊舎http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan001.html


おまかせ工房の製品の中で一番小さな御霊舎は「小」のサイズ。


サイズ 外寸 約高さ35cm 幅32cm 奥行25cm



御霊を入れる内寸 約高さ29cm 幅19cm 奥行15cm



これ以上小さなものは、他のものを代用していくしかありません。




ここ10年ぐらいでしょうかね、祭壇を求める方より小さな御霊舎を求める方の方が増えました。


大きい小さいは関係なので、部屋のスペースの関係で選ばれるとよろしいかと思います。







小型祭壇を探している方々もいるのですが、祭壇となるといろいろと置くための場所が必要になって、どうしても大きくなってしまいます。



このタイプの小型御霊舎であれば、簡単なお供え、神饌セットなど前に置いてもコンパクトにまとめることができるでしょう。


あとは御霊の大きさなどに合わせて、内寸を選んでもらえればちょうどいいサイズに巡りあうと思います。



特上御霊舎 小
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan001.html








興味のある方は是非ご覧ください。

木製花台・・・神棚や祭壇で使う丁寧な榊入れ

イメージ
木製花台・・・神棚や祭壇で使う丁寧な榊入れhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b2d6c2e6.html


神道祭壇だけではなく神棚でも使うことがある花台を紹介してみたいと思います。


一般的には陶器の榊入れだけを置くことが多いはず。

これはそれの丁寧版と言ったところでしょうか。


大きさ的にはこのサイズが一番人気があります。



祭壇では木製花置きを使う方が多いですね、神棚では棚板が大きいときに使います。





安定感が増すなどの理由もありますが、やはり見栄え。

ただ、スペースを必要としますので神棚であれば左右にそれなりの広さがないといけません。


祭壇の場合には普通に置けることでしょう。


榊も生榊を使えばいいんでしょうけれど、入手の困難さ、取り換え頻度の高さなど案外敬遠されがち。

造花でもいいので、何か差しておく方がいいのかもしれません。




木製花台
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b2d6c2e6.html





興味のある方は是非ご覧ください。

真榊(まさかき)について

イメージ
真榊(まさかき)についてhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html


神道っていうものは話をどんどん突き詰めていくと天皇にあたります、さらにその先は神話。

まぁ、日本の歴史の生い立ちを考えるのであれば、至って疑問も湧いてこないわけですが、意外と知らないで参拝している若者も多いのではないでしょうかね。


そこで明治天皇の即位のときに制定された神具があります。

真榊・・・「まさかき」と読みます。



っで、一体こりゃなんだい?という素朴な疑問。






右榊・左榊なんて言い方もしますが、右榊には「玉、鏡」、左榊には「剣」。

神棚に飾る場合には、写真のように置きます。


そして五色絹。


五色絹は馴染みがあるかもしれませんね、お寺でも使います、これには色に意味がある。

五色について詳しく知りたい場合には検索してみてください。


「おーこんな意味があったのか、カラフルで派手な幕を掛けているだけかと思ってた」というのが払拭されることでしょう。


神社仏閣巡りなどは定年後の集団散歩で人気のコースなので、うんちくを語るには絶好の機会ですよ。




真榊(まさかき)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html




興味のある方は是非ご覧ください。