投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

大きな神鏡を単体で祭る 目立つところにドンと置く 神鏡雲形

イメージ
神鏡雲形5寸 桧 上品 http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0a1.html

祭り方や祭り場所次第ですけど、大きな神鏡を探している人もいるかと思います。

5寸サイズ(直径15cmほど)になってくると神棚で祭る場合には、神棚自体相当大きいはず。


それとは違って神道祭壇ではよく使われますね、そもそも祭壇自体大きなものですので、神具も大きくしていきます。


さらに床の間に一台だけ大きな神鏡を置きたいとか、神鏡そのものを祭りたいって人もいる。


そのようなドンと目立つようにする場合、雲形神鏡を使う機会が多いと思います。












神鏡雲形5寸 桧 上品
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0a1.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神棚前、床の間、仏前、仏間などで使う神前仏前用のすだれ

イメージ
神道 新大和御簾(赤色・緑色)テトロン縁 幅90cm以下・高さ90cm以下http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bbe27ffcc27.html

なかなか見かけないものかもしれませんが、個人のお客さんもここ10年ぐらいの間に随分増えました。

ネット通販を初めて今年で18年。

こういう商品で価格を付けてあるのを初めてみたという人も多いですね。


神前御簾、仏前御簾はそれほど珍しいものでもないと思っていましたが、ともかく値段がわからないから躊躇していた人にはもってこいだと思います。



事前に作ってある御簾はありません、全てサイズを決めてから作ります。

おおむね2週間ぐらいかかる。


縁は赤色、緑色から選ぶ。
竹を黄色に染めるか染めないかを選ぶ・・・神前は染めることが多く、仏前は染めません。






最近多いのは押入れを改良して祖霊舎や仏壇を納めている家かな。

そのような場所のときには手前に神前御簾や仏前御簾を一枚掛けておきます。




神道 新大和御簾(赤色・緑色)テトロン縁 幅90cm以下・高さ90cm以下
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bbe27ffcc27.html



興味のある方は是非ご覧ください。