投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

使うなら本物を! おみくじ箱

イメージ
使うなら本物を! おみくじ箱http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/omikujihako001.html


そろそろ「御神籤箱」が完成しつつあります、しばらく在庫切れをしていました。

こういう商品も作るときには一個や二個をその都度作っていくことはありません。

作るときにはもっと多くの数を作る。

そのため、一度在庫切れがあると・・・・次の生産予定まで待ってもらうしかないわけでして、今年の場合には、どういうわけだかよく売れまして、9月後半にはなくなった。


二ヶ月ぐらい在庫切れを生じていて、それでも年末には需要が増えるので、なんとか間に合ったかなと思います。


個人で所有するようなものでもないと思いますが、おみくじ箱はみんなで楽しむもの。



基本的には神社向けの商品です。

どこかの神社で見たこともあるかもしれない、こういう場所ではしっかりしたものを使います。



よく、三宝の上に御籤紙を山積みにしてある光景もありますが、あれだと風が吹いたとき困る。

だから、こういうものを使って、引いてもらうわけです。


おみくじの紙であれば2000枚ぐらい入るかな。


おまかせ工房では神鏡みくじ紙も1000枚単位で販売をしていますので、併せてご利用ください。





この商品も昔から販売をしていて、神社でも一台から始めて数台並べてくれるところもあります。


同じように作り続けているので、並べた時でも統一美がありますよ。




使うなら本物を! おみくじ箱
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/omikujihako001.html





興味のある方は是非ご覧ください。

特上品 御霊舎(みたまや)コンパクトタイプ

イメージ
特上品 御霊舎(みたまや)コンパクトタイプhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html


おまかせ工房の御霊舎がよく売れているので、久しぶりに紹介をしたいと思います。

あれこれ作っている中で、やはり、コンパクトサイズの御霊舎がよく出ています。

住宅事情なのでしょうかね、祖霊舎祭壇形式は一昔前では売れていましたが、置いておくだけの御霊舎タイプは場所に限りがあるところでは重宝する。


御霊舎を祭る際には、扉の手間に少し空間がありますが、そこへは神具を置きません。

置いても一時的にしてください。

無塗装の白木なので、ずぅーと置いておくとシミになりやすい。



御霊舎の清掃方法としては、拭かない。

はたいてください。

これも白木の取り扱いと同じです、拭いてしまうと埃が詰まっていくので、汚れます。



若干ですが神殿ケースにいれておく人もいましたね。

小型サイズのガラスケースがありますので、それを使っているわけです。

ガラス張りだから内部も明るくて、とても良い感じ。


このガラスケースは元々は神棚向けに作っているものですが、このような使い方をされる方もいるという紹介です。







【神具】特上御霊舎 小  (みたまや)[神道]【祖霊舎・御霊舎・神徒壇・祭壇宮】 ---詳しい紹介--- 外寸 高さ35cm 幅32cm 奥行25cm 内寸 高さ29cm 幅19cm 奥行15cm 備考 内寸とは中心扉の内側、すなわち御霊を入れる空間を指します。

材料:尾州桧
特上品 御霊舎(みたまや)コンパクトタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

高さが低い八足台

イメージ
高さが低い八足台http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b0ecc3cabc.html


今回の店長ブログは八足台・八脚案についてですが、高さ低めの八足台というものも作れますという内容です。


八足台には高さ寸法の決まりがない、つまり、使う人が決めるわけです。

そこで、よく店長ブログの中で登場してくる高さ150cmぐらいだと神棚設置台として使いやすいです、という内容とは逆の高さ低めという八足台もありますということ。


低いと言っても限度というものがありますが、高さ寸法30cmとかね、40cmとか、このぐらいの高さ寸法は低めと捉えてみてもいいと思う。


その時には組立式もあれば固定式も候補になる、この部分は指定してください。

今は組立式のほうがよく使われていて、おまかせ工房でも神社用でも個人用でも組立式をよく作ります。





一台作るのに時間がかかります。
二週間ぐらいはみておいてください。

ですので直近の予定のために間に合わないとこちらとしても困りますので、余裕のあるときに準備をしておいてください。


奥行き寸法は基本的に8寸になります、これは八脚としては普通ですね。
ただ、もう少し奥行きが必要な人もいますので、そのときには連絡願います。


奥行きというのは樹齢に比例していきます、8寸を超えると割増料金がかかります。




一段式組立八足台 スプルース製
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b0ecc3cabc.html




興味のある方は是非ご覧ください。