投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

モダンな雰囲気のあるガラスケース入り箱宮神殿すだれ付き

イメージ
幅60cmぐらいの大型サイズの箱宮神殿http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217918.html

このシリーズは大中小の3つのサイズを作っていて、今回は一番大きなタイプでご紹介。

すだれは付けてあります。

不思議なもんで御簾一枚あるだけでとても明るい神棚になります。



幅2尺、約60cmほどですが、神棚としてはそれほど大きな寸法でありません、しかし、箱型の神棚としては大型サイズです。


壁にそのまま掛ける人もいれば、台の上に置いて祭っておく人もいますね。

また、棚板の上ということもある。

置きやすいと思います。



神具を選ぶ際には一回り小さなものを選ぶと良いと思う。








神棚 ガラス箱宮20号三社 御簾付き 壁掛けタイプ 上品 外寸高さ41cm 幅61cm 奥32cm

---詳しい紹介--- 外寸 高さ41cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm
末社
備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。

両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

神前房の色が二種類ありますのでご指定ください。(青色と赤色
特に指定が無い場合には青色の房となります。

神前房とは御簾の前に垂れている二個の房(ボンボン)のことです。


モダンな雰囲気のあるガラスケース入り箱宮神殿すだれ付き

http://store.shopping.ya…