投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

神棚をガラスケースに入れておきたい 小型、中型サイズのガラスケース

イメージ
小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

ガラスケースのみの場合には小型サイズ向けと中型サイズ向けに2種類を作っています。
まだ神棚が新しいうちに入れておくといいでしょう。

箱宮神殿の宮型部分と単体である宮型では大きさが違います。
このガラスケースは通し屋根三社、屋根違い三社などの単体の神棚をすっぽり収めることができるケース。

箱宮神殿のようにするわけです。
ただ、神棚を入れることだけで使われるわけではありません、大きな木札を立てかけるようにしたいとき、御神体が物体のような形状で神棚では入らないときなどでも使います。



背面には吊り下げ金具を取り付けてありますので、そのまま壁にかけたいときでも大丈夫ですが、壁への取り付けについては手慣れた人にやってもらってください。
近年ではこのようなガラスケースをすでにある棚板の上に置いたり、タンスなどの上で使ったりと、従来の壁掛けとは違う使い方で神棚を祭っていることも増えました。
どのような形でも対応できると思います。

側面のガラスは外せません、正面のガラスは4枚使いますが、これは後入れですので、毎日開閉するのが大変だという場合には中2枚は開けておくとか使わないなどもできます。


小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズの祭り例

イメージ
ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html

おまかせ工房の注連縄神棚シリーズは小型、中型、大型の3つのサイズがあります。

各サイズの違いは「幅」、大型サイズは幅2尺相当、つまり、60cmほどです。

この箱型神棚の中に神具を収めたときの祭り例が今回の内容。



今回使った国産神具は【雲水彫神鏡2寸と神具一式セット
雲水彫神鏡2寸 高さ約11.4cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB(小)
豆八足台7寸


どの神具を使うとわかりやすいか毎回考えどころですね、こうやってみるとわかりやすいと思う。

神具一式セット、神具一式極小セットと分けていて、今回は「神具一式セット」です。

内部にもっと空き空間を作りたいときには「神具一式極小セット」もいいでしょう。

神棚は祭るものなので明るくしておくといいかもしれませんね。



ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html




興味のある方は是非ご覧ください。