投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

神輿や山車で使うのであればこのすだれのサイズ違いを作る

イメージ
神輿や山車で使うのであればこのすだれのサイズ違いを作るhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c1c4ceeebc.html


適材適所という言葉がありますが、安ければいい、高ければいいという話ではありません。

目的用途に合ったものという話がありまして、簡単そうで実はかなり迷いの生じる場面に出くわすわけです。


安いものでもいいような~ 簡易版ですまそうかなぁ~ と迷ってしまうことがあります。

その時代、その担当者の意識にも左右されるかもしれませんが、前任者がもし適当な物をその場で取り繕ってしまうと後任者からは、それでいいのでは?となることがあります。



何の話かと言うと、神輿や山車に付ける御簾のお話です。


だいたい神輿だの山車だのって元々の値段が相当するわけです。

そういうものってひとつひとつの部品も高い。

え?こんなにするの?となることが多いわけでして、びっくり仰天してしまうことだってあるはず。



だいたい、神輿や山車に使う寸法というものがありまして、35cm角だったりする場合が多いのですが、その時にはこちらの御簾で35cm角のものを作ります。


簡易版でにわかに作ってしまうのは、後々のことがありますので、作る場合にはしっかりしたものを取り付けておきましょう。




祖霊舎などで使う御簾になります。

要するに神道の系統の祭事向き。

もうわかるかと思いますが、神輿も神事です。



これとは別に簡易版というものもありまして、その簡易版は主に神棚などで使う。

神前御簾にも用途に応じていろいろありますので、予算もあることでしょうけど、適材適所のものを選んでください。




神道 祖霊舎内御簾 麻房・金具付き
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c1c4ceeebc.html




興味のある方は是非ご覧ください。

専用品を使うべきか代用品で済ませるべきか 地鎮祭手水セット

イメージ
地鎮祭用具 手水セットhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html


建築関係の会社などからよく注文をいただくことの多い手水セットのご紹介になります。


なにこれ?桶?何に使う?という場合には、手水という言葉からピンとこないかもしれません。

なんというか、一般的なものではないというか、必要な人が限られているようなものです。



こういう物の世界には必ず、専用品というものもあれば、代用品というものがあるわけです。

どちらを使うのか?・・・・それは選ぶ人の選択です。



例えば、桶。

寿司桶でいいんじゃないの?とかね。


柄杓もプラスチックのがあるじゃない、、、、とかね。


まぁ、あります、いくらでも代用品は存在する。


でも、どうなんもんでしょうかね、誰のために行う地鎮祭なのか?


昔から業者の人しか買わないものですが、それだけ長く販売していて、これを選んでいくのかって部分なのではないでしょうか。







これは手造り品です。

綺麗に使って何度も使う。


使ってくれば色が変わってきますので、もう取り替えようかなぁ~と思ったときに取り替えてください。


ただ、記念として手渡し贈答される会社もあります。

感無量の思いがあると思いますよ、だって、地鎮祭のメインなどそうそう慣れませんからね。



地鎮祭用具 手水セット
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。