投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

御札舎は壁掛けにできます

イメージ
御札舎は壁掛けにできますhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05420559621791.html


希望すればって話なんですけど、御札舎を壁掛けできるように吊り金具を取り付けるサービスを始めました。

今まではメールや電話などで問い合わせていた方がいましたが、これからはページ内で選択できるようにしました。

そのまま置いておくだけでいいように作っていましたが、壁掛けできるようにして欲しいという声もあるので、まぁ無料サービスの一貫でやってます。



とてもコンパクトな御札舎でスマートデザイン。

壁にポンと掛けられれば、さらに用途がひろがるのではないでしょうか。



名前は御札舎ですが、御札のみならず、御幣を入れている人もいるようです。

使い方はいろいろですよね。

扉付きなのでしっかり納めることができると思う。



小中大の3サイズ。

中大については引き出しも付けてあります。





祭りたい場所っていろいろで、室内のみならず屋外ってこともあるようですね。

ただ、湿気が猛烈になるところだと白木なので、木がふやけてしまうかもしれない。

あるんですよ、田舎の家だと井戸水があるような場所。

井戸の周りに神棚を置く習慣のあるところが。




キッチン周りに置いておくことはよくある、火の神様ね。

油まみれになりやすいから、こういう木箱にいれておくのもいいと思う。

注意注意です。

チラ見で意識付けをしておくだけで、火の元の管理に注意深くなる。



使い勝手がいい御札入れです。




御札舎は壁掛けにできます
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05420559621791.html





興味のある方は是非ご覧ください。

御幣をいっぱい並べたい

イメージ
御幣http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cabe.html

神棚でも使う、神道でも使う、でも使い方や意味が全く違う・・・それが御幣。

ということで、今回は神棚で使う場合として店長ブログを簡単に書いてみたいと思います。



御幣をたくさん並べたいという人達がいるわけなんですけど、本当なら金幣芯を並べたいけど、ちょいと予算の関係で・・・御幣。
金幣芯を何台も並べると、けっこういい値段してしまうので、まずは御幣からってことです。


御幣の並べ方もいろいろあって、神棚の扉前に一台づつ並べる、階段前に少し大きめで一台置く、神棚の境内に並べる、神棚の前に大中小の組み合わせで一列・・・・・もう方法がありすぎる。


大きなものをドーンと置くときには、八足台などの場合なので、今回は割愛しておきましょう。



寄せ付けない力です、御幣。





これが神道になると御霊になるので、意味が違う。




弊ですね、白い紙を折って作りますが、これは普通は自分で作るもの。

簡単ですよ、サクサク作れると思う。


そこで、こだわり派の人達は和紙にこだわるわけです。

こだわりが楽しい瞬間でもあるかもしれない。

質感というかなんというか、和紙にもいろいろありますよね。


高い和紙ならいいんだってことでもなくて、神棚で使うなら普通の和紙でいいと思う。

でも、せっかく日本の和紙が世界遺産になったのだから、その産地の和紙にしてみるとか。


半紙で作る人もいるし、コピー用紙の人もいる。

身近な素材で作ってみるのも良し、こだわりにこだわってみるも良し。


弊が簡単に作れるようになると、注連縄の紙垂も簡単です。

こんどは折ることが楽しくなりますよ。




御幣
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cabe.html






興味のある方は是非ご覧ください。