投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

御守を掛けておきたい 絵馬を掛けておきたい 専用の掛台

イメージ
絵馬掛台 御守掛台https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html

そのものズバリの商品になります、絵馬や御守を引っ掛けておける台。

置台ではありません掛台です。

絵馬などは置く、立てかけるより掛けておくほうがいいかもしれない。

立てかけておくと見えないこともある。


御守は身につけておかない、持ち歩かないのであれば祭ってしまう手もありますが、さらに簡素化して掛けておくだけという方法もある。


 引っ掛けられるものであればなんでもいいのかもしれないけど、これなら神棚の棚の上でも置けるし、机でもいいのではないでしょうか。




この掛台はプラスティック製です。

もし、木製のほうがいいという場合には、「真榊 木製台軸キット」を利用してもいいでしょう。

ただ、木製の方は2台セットなので、1台だけでいい場合には余ってしまいます。



御守を掛けておきたい 絵馬を掛けておきたい
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html




興味のある方は是非ご覧ください。

縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

イメージ
大黒宮一社 尾州桧 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。