投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

神棚のお供え物が一発で置ける 水米塩の固定台

イメージ
神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html

そのまま使うもいいでしょう、豆八足台と組み合わせて使うのもいいでしょう。

水、米、塩をお供えするときにあると便利な固定台です。

元々は漁船内で使う揺れ対策用の神具置きとして作り始めましたが、家庭の神棚でもあると便利な固定台ですので、一度使ってみてはいかがでしょうか。


今まで一個一個、位置を決めていたことがなくなり、棚板の上に持ち上げるもの一回で済みます。

また、豆八足台との相性がとてもいいので同時に購入していく人もいます。


なお、豆八足台と固定台を同時に購入の場合には、木彫り雲檜製の無料サービスを現在実施していますので超お得でもあります。


固定台、豆八足台共に受注生産なので、この2つを同時購入のときには木目が合います。

別々に購入すると作る時期や寸法も若干違ってくるので、いずれ必要になると思われる場合には同時購入がいいと思います。




神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html



興味のある方は是非ご覧ください。

縦てに使えば破魔矢差し 横で使えば壁に突き刺す向きで飾れます

イメージ
縦てに使えば破魔矢差し 横で使えば壁に突き刺す向きで飾れますhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hamayaoki004.html

今回の店長ブログは物の見方を少々変えて、縦向きに使うべきものを横向きにしてみたら何ができるのか?という視点です。



おまかせ工房の破魔矢シリーズの中に「神前破魔矢差し」があります。

垂直に破魔矢を飾りたいときにはとても便利な道具ですけど、これを壁に付けたら水平に飾れるわけです。


え?水平に破魔矢って祭るもんなのか?と疑問をもたれる人もいるはず。


玄関に家の方に向けて破魔矢を飾りたい人がいます。

従来であれば紐を結んで吊り下げてとやっていたと思いますが、これだとブラブラしてしまう。

ビシッと固定できない。


それと、どうしても方角を決めている人。


この場合には向きの決定がものすごく難しくて、置くにおけない、掛けるにかけれない。

だから、、、、やっぱり吊り下げる、、、、という実にもどかしい飾り方をしている人が多いんですよね。








壁に付けてしまう場合には、方法として2つ。

1つは神前破魔矢差しの裏面に強力なボンドや両面テープを付ける方法。

もう1つは台に最低一箇所の穴を開けてビスで固定する方法。


ビスの場合には一箇所止めておけば落ちませんよね。


矢じり付きの破魔矢であればその矢じりは切ってしまうしかない。

元々、破魔矢には矢じり付き、矢じりなしのものがあるので、これは矢じりなしに対応しているものです。




縦てに使えば破魔矢差し 横で使えば壁に突き刺す向きで飾れます
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/hamayaoki004.html



興味のある方は是非ご覧ください。

鎮物(しずめもの)上品

イメージ
鎮物(しずめもの)上品http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html


鎮め物を個人で埋めたい、埋めておきたいっていう人が増えてきて、埋納の仕方は至って簡単です。

自分で行うわけですから、確認ができる。

何の確認かといえば、埋めたんだ、という確認です。


爺さんが埋めたはず、誰かがやってあるはず、、、、こんな考え方が起きませんね。


変な話、一家に一個というものでもないので、「自分の行為」として埋めておくわけです。



普段は気にしない土地の神様ですが、それが借地であろうとなんであろうと自分の直下の話になるので、気づいたら埋めておくといいですよ。

もう古墳時代から日本では行われてきた鎮物。





個人で埋める場合には儀式めいたことは必要ありません。

それより気持ちの方が大事。

簡単ですよ。

更地ではないと思うので埋めておけそうな場所を見つけて埋めるだけ。



箱の内側に日付と名前を書いておく。

箱の中に奉鎮をそのまま入れておく、中身は見ない。

何か一筆書いたものを入れておきたい場合には入れておく。

土に戻らないものは奉鎮以外一切入れない。


最後に大麻で縛ってそのまま埋める。


いずれ朽ち果てて、最後の最後に奉鎮の中身だけ残る。



地中50cmぐらいでいいと思う。





鎮物(しずめもの)上品
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004.html





興味のある方は是非ご覧ください。