投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

御幣・御霊の販売

イメージ
御幣・御霊http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html


おまかせ工房で頻繁に御幣を求めてくれるお寺の住職さんがいまして、何度買っても同じようなものが届いてとても良い、と言われて嬉しくなている今日の店長ブログです。


御幣は作りが単純なので自作してしまえばやってやれないこともないと思います。

ただ、おまかせ工房も商売なので、作るたびに違うものでは商売になりません。


特に業務で使うお客様もいるわけで、それをさらに相手に渡す。


たかが御幣されど御幣でございます。



並べた時に違和感がでないように、同じように作ります。

同じ人に渡したときでも違和感を持たれないように作ります。





お寺にはお寺の使い方、神社には神社の使い方、神棚には神棚の使い方、祭壇には祭壇の使い方がある御幣です。

御霊類の中では一番汎用性に富んでいるのではないでしょうかね。


紙は各人で用意してもらいます。

使う人、使わない人がいますが、御幣の弊は自作してください。



弊には各人の癖、こだわりなどが出てきます。

いろいろな形の弊があるので、初めての場合にはサンプルなどを参考にして、いずれアレンジしてみてはいかがでしょうかね。




御幣
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html




興味のある方は是非ご覧ください。

御札舎本一社 大型サイズ 引き出しに神鏡や金幣芯を乗せられます。

イメージ
御札舎本一社 大型サイズ 引き出しに神鏡や金幣芯を乗せられます。http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05440559621791.html

一度こういう祭り方をしてみたかった人はいませんかね?
金幣芯と神鏡を一緒に祀る。


神道では多くみられる配置ですよね、神棚でもじわじわ増えてきています。


神社で見かけてやってみたかった・・・・こういう声をよく聞きます。



ただ、神棚の場合には置く場所がない、、、ということもしばしばある。



御札舎本一社というお札入れのようなものを、おまかせ工房では作っています。

その中型サイズと大型サイズには引き出しを付けてある。(小型サイズにはありません)



その引き出しを使うと・・・・こういうことができます。





さらに、これを壁掛けにもできる。

金幣芯と神鏡には意味があるので、あれこれ知ってくると是非、そうやってみたかった、という場合もあると思いますよ。


この御札舎シリーズは、神札、御幣、御霊などを納めるためのものです。


それと「壁掛け」希望の場合には「吊り金具希望」を必ず選択してください、こちらで取り付けておきます。




御札舎本一社 大型サイズ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05440559621791.html




興味のある方は是非ご覧ください。