桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

木製桶の使い方 地鎮祭の準備事

地鎮祭 手水用具

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

なかなか日常生活で使われることがなくなってきた手水用具ですが、そのため基本的な使い方も忘れられがちですよね。

普段使いより地鎮祭などの祭事で登場する機会の方が多いのではないでしょうか。

桶がありますが、これは濡らしてから使います


経験のある人であれば、当たり前、となることでも言われてみないと気づかないこともある。

濡らして木を膨らませて水漏れしないようになる。

乾燥している状態に水を入れると水漏れの原因になりますね。


だから、、、、前日でもいいので濡らしてから使ってください。


カラカラに乾いている桶に水を入れたての間は水漏れするかもしれませんが水を入れておけばOKです。




桶はカラカラにしない、、、、使う前に覚えておいて下さい。


しばらく使わないときには、これとは逆です。

カラカラにしてからしまう。


せっかく良い素材で作っている手水用具です、使うときの準備も忘れずに。




地鎮祭 手水用具 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法