投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

御幣の魅力

イメージ
御幣の魅力http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cabe.html

神具というものは、この人には必要であっても、こちらの人には必要ではない、というものがあります。

そんな神具の一つに「御幣」というものがあるので、今回の店長ブログはそれを紹介してみます。



人によっては神棚で使う、また別の人はご先祖様の御霊として使う。

まぁ、大きく分けるとこの二通り。

しかし、こういう全く違う使い方をする神具も珍しいですよね。


神棚で使う場合には、一台の人もいる、二台の人もいる、三台の人も、四台、五台・・・と数が多くなっていく。

これもまた稀な神具で、人によって必要とする台数が違う。


ならば、置き場所はどこなのか?


これもまた、扉の内側、扉の前、神棚の前などいろいろ。


もう、わけがわからない、、、、、、なんてことはないです。


使う人は、目的がしっかりしているので迷いなし。



おまかせ工房では、何台でも並べて置いても違和感がないように、その都度作ります。





祖先の御霊として使う場合には、まぁこの場合には余り使い方に種類はないと思いますが、神徒壇や御霊舎の中に弊を付けて祀る。


神棚などで使う場合も、御幣単位で使う場合でも弊は付けますが、この弊は自分で作る。


どこかで弊だけ買ってきてもいいんですけど、わざわざ買わなくても紙で作ればいいだけなので、ほとんどの方は自分で作ります。


弊の作り方は簡単ですよ。

インターネットで調べてみてください。


ただ、ここからが話の始まりなんですけど、弊の形もいろいろあって、バランスですかね。

自分の気に入ったバランスが見つかったら、これからはそれを作る。


図面として気に入った弊の形があれば残しておいて、次回作るときに役立てましょう。





御幣(ごへい)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6cabe.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神前御簾を部屋に掛ける

イメージ
神前御簾を部屋に掛けるhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0cd.html

神前御簾などはオールシーズン用ですので、季節は関係ありません。

夏場だけなんていう場合には、お座敷すだれで十分です、おまかせ工房は座敷すだれも作っているので、それは御簾の専門店おまかせ工房で紹介をしています。

ところで、部屋の一面に神前御簾を掛けたいんだという要望があります。

まるで神社のような部屋になりそうですが、お座敷すだれとは全然違う雰囲気になりますね。


通路に掛けることもありますが、家庭の場合には部屋の中が多い。


その時には、普段は中吊りにしておきます。

中吊りっていうのは、下からくるくる巻き上げて鍵に引っ掛けておく。


この丸み部分は部屋に掛けるとき必要になることがあるので、全部下げおろすことがなくても丸められるぐらいの長さで作っておくほうがいいでしょう。






幅は一間幅がいいのか?それとも半間を横並べにしたほうがいいのか?ということを聞かれる。


個人的には半間二枚の横並べにしたほうが、一間幅であれば使いやすいと思います。


神社などの広い空間では横長を使いますが、家庭の場合には短い方が何かと便利。



それに片側だけ下げておくっていうことも時にはしたいと思います。

なにより、神前御簾はそこそこの重さもあるので、一間幅を巻き上げるのは大変かもしれません。



ご不明な点があれば店長に聞いてください。



神前御簾を部屋に掛ける
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0cd.html




興味のある方は是非ご覧ください。