投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

押し入れに納めておくこともある 神道 特上祭壇宮 小型サイズ

イメージ
押し入れに納めておくこともある 神道 特上祭壇宮 小型サイズhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-saidan-015.html

神道祭壇を起きたいけどなかなか部屋に場所がないってことも増えてきて、おまかせ工房でもたまに相談を受けます。

押入れを利用することも候補にひとつに上がる。


となると押し入れの寸法にあったものを選ばないといけないわけで、小型の祖霊舎がありますので今回の店長ブログは特上祭壇宮 小型サイズを紹介してみます。



御霊舎の方がはるかに小さいのは一目瞭然ですが、祖霊舎の場合には祭具を置ける。

そして、御霊がすでにたくさんある場合には祖霊舎タイプの祭壇形式の方を使いますね。



神道祭壇っていうのは、家族が集まるところに置きましょう、と言われるのですが、そのリビングに祖霊舎を置くだけのスペースを確保できない事情も今では多いのも事実です。








【神具】特上祭壇宮(スプルース製) 小  [神道]【祖霊舎・御霊舎・神徒壇・祭壇宮】



製作期間 約1週間〜2週間ぐらい

サイズ 外寸 約高さ70cm 幅62cm 奥行42cm
内寸 約高さ36cm 幅56cm 奥行13cm

アメリカ産ヒノキ


こちらの商品についての代金決済につきましていくつか表示されますが
「銀行振込のみ」となりますのでご了承願います。入金確認後に製作いたします。

スプルースってなんですか?と聞かれます。

おまかせ工房では国産桧と北米産桧を区分けしていて、北米産桧のことをスプルースと言います。


国産桧より若干白いのが特徴的ですが、いずれは同じような色合いになります。


最も大きな違いとしては・・・・・素材そのものの価格です。


日本の木材価格とアメリカの木材価格では全然違う。



素材はとても良い、これは日本製もアメリカ製も変わらない。

国産桧はやや黄色いのが特徴です。






押し入れに納めておくこともある 神道 特上祭壇宮 小型サイズ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-saidan-015.html




興味のある方は是非ご覧ください。

お地蔵様のための社 地蔵堂

イメージ
お地蔵様のための社 地蔵堂http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b3b0b5dcc3.html

お地蔵様って全国各地、津々浦々にいますね。

道を歩いていてもいる。

でもなかなか意識をしないし、誰が管理をしているのかもわからない。


お地蔵様も天日に晒されては可哀想ということで、専用の社を作ってその中に納めておくことをします。


自治会などで管理しているときなどは、道路の脇、角地などに祀っていることが多い。


個人でもお地蔵様を持っている人がいますね。


理由はいろいろ。



っで、ベランダなどで祀っている場合には、地蔵堂に入れてあるげることもある。


そのための社を3サイズ作っています。






基本的に野ざらしの場所で使うものなので、濡れても一向にかまいません。

屋根は銅板なので濡らしてください。


濡れない場所の時には水を社全体にかけることをしておくと、銅板に緑青がわいてきて緑屋根になっていくはずです。






お地蔵様のための社 地蔵堂
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b3b0b5dcc3.html




興味のある方は是非ご覧ください。