投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

押し入れに納めておくこともある 神道 特上祭壇宮 小型サイズ

イメージ
押し入れに納めておくこともある 神道 特上祭壇宮 小型サイズhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-saidan-015.html

神道祭壇を起きたいけどなかなか部屋に場所がないってことも増えてきて、おまかせ工房でもたまに相談を受けます。

押入れを利用することも候補にひとつに上がる。


となると押し入れの寸法にあったものを選ばないといけないわけで、小型の祖霊舎がありますので今回の店長ブログは特上祭壇宮 小型サイズを紹介してみます。



御霊舎の方がはるかに小さいのは一目瞭然ですが、祖霊舎の場合には祭具を置ける。

そして、御霊がすでにたくさんある場合には祖霊舎タイプの祭壇形式の方を使いますね。



神道祭壇っていうのは、家族が集まるところに置きましょう、と言われるのですが、そのリビングに祖霊舎を置くだけのスペースを確保できない事情も今では多いのも事実です。








【神具】特上祭壇宮(スプルース製) 小  [神道]【祖霊舎・御霊舎・神徒壇・祭壇宮】



製作期間 約1週間〜2週間ぐらい

サイズ 外寸 約高さ70cm 幅62cm 奥行42cm
内寸 約高さ36cm 幅56cm 奥行13cm

アメリカ産ヒノキ


こちらの商品についての代金決済につきましていくつか表示されますが
「銀行振込のみ」となりますのでご了承願います。入金確認後に製作いたします。

スプルースってなんですか?と聞かれます。

おまかせ工房では国産桧と北米産桧を区分けしていて、北米産桧のことをスプルースと言います。


国産桧より若干白いのが特徴的ですが、いずれは同じような色合いになります。


最も大きな違いとしては・・・・・素材そのものの価格です。


日本の木材価格とアメリカの木材価格では全然違う。



素材はとても良い、これは日本製もアメリカ製も変わらない。

国産桧はやや黄色いのが特徴です。






押し入れに納めておくこともある 神道 特上祭壇宮 小型サイズ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/shinto-saidan-015.html




興味のある方は是非ご覧ください。

お地蔵様のための社 地蔵堂

イメージ
お地蔵様のための社 地蔵堂http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b3b0b5dcc3.html

お地蔵様って全国各地、津々浦々にいますね。

道を歩いていてもいる。

でもなかなか意識をしないし、誰が管理をしているのかもわからない。


お地蔵様も天日に晒されては可哀想ということで、専用の社を作ってその中に納めておくことをします。


自治会などで管理しているときなどは、道路の脇、角地などに祀っていることが多い。


個人でもお地蔵様を持っている人がいますね。


理由はいろいろ。



っで、ベランダなどで祀っている場合には、地蔵堂に入れてあるげることもある。


そのための社を3サイズ作っています。






基本的に野ざらしの場所で使うものなので、濡れても一向にかまいません。

屋根は銅板なので濡らしてください。


濡れない場所の時には水を社全体にかけることをしておくと、銅板に緑青がわいてきて緑屋根になっていくはずです。






お地蔵様のための社 地蔵堂
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b3b0b5dcc3.html




興味のある方は是非ご覧ください。