投稿

11月, 2014の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

ダイダイ派?ミカン派? お供え

イメージ
ダイダイ派?ミカン派? お供えhttp://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bbb0caf5a1.html

昔からある風習の中にお供え餅ってありますが、それと平行してダイダイをお供えすることもあります。

ダイダイ=代々っていうことで、繁栄ですね。

でもって、枝からなかなか落ちないのがダイダイの特徴だから、途切れないってことを願って置くわけです。


ところが、このダイダイ、、、、そうないでしょう?見かけます?

ミカンで良いと思いますが、どうなんでしょう。


ということで、ダイダイ派なのかミカン派なのか意見が別れる。


面白いところで、言葉遊びみたいなもんです。



ダイダイなりミカンなりをお餅の上に置く人もいれば、それでは不安定だからそれはしないという人もいる。

横に置いておくだけって人もいる。


人の行為をみたときに、自分もやってみようか、と思うはず。


お餅にはお餅の意味があり、ダイダイにはダイダイの意味があり、それらを乗せる台が三宝などの神具です。


さらにコダワリがあって、ミカンには葉っぱが付いていないと嫌だって人もいたり・・・もう大変。


凝りだすと大変。


でも、きっと行為の意味って知らずにやっている人も多いと思うし、正直、余り興味が無いかもしれないけど、家族の誰かにそれらしく伝えておくといいかもしれないね。


へ~って思ってくれればいいんじゃないのかな。




http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bbb0caf5a1.html





興味のある方は是非ご覧ください。

とても大きな神鏡を求めている人もいるんだなと・・・・。

イメージ
雲形神鏡 一尺http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0a1.html

大きいとか小さいとか言葉としてはありますが、本人が求めている大きさがあればいいので、大小はあまり関係がないと思いますが、3寸あたりから普通は大きな神鏡と言います。

1寸が約3センチなので、3寸は9センチの直径がある神鏡が乗っていることになる。

一尺は約30センチなので、まぁ、これはそれ相当の大きさ。


ところで、ものすごく大きな神鏡を探している人がいて、直径60センチらしい。

何か間違えているのかな?と思って聞き返すと、間違っていない、鏡の大きさが60センチ、そこれを台に乗せてある神鏡とのこと。


こういう神鏡はまずありません。

台座については、彫りというレベルではなくなって彫刻と言ってもいいレベルの話。


一尺までであれば、おまかせ工房でも稀に注文がきますが、個人ではなく法人ですね。

1尺1寸、1尺2寸、1尺3寸まであります。

でも一尺を超えると価格がポーンと跳ね上がる。




一体、直径60センチの神鏡・・・・そんな大きな神鏡を置く場所なんかあるのかな?と思うぐらいです。

仮に直径60センチの神鏡であれば、高さは1メートル超える、1メートル20センチぐらいかな?

とても高額なもんになりますね。





神棚で祭る神鏡であれば2.5寸ぐらいが大きいと言われるかな。

神道だと5寸ぐらいは普通に使うことがあります。


八脚の上に置く場合も大きめを置かれると見栄えがバンバン良くなる。


個人的に神鏡という神具はあってもいい神具だと思います。





雲形神鏡 一尺
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0b6c0a1.html




興味のある方は是非ご覧ください。

小さな八足台・豆八足台

イメージ
小さな八足台・豆八足台http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4b9bbb0ca.html


大きな八足台は神道用がありますので、今回の店長ブログは小さな八足台を紹介します。


小さいといっても、幅6寸~1尺2寸まであるわけですが、寸表示だとピンとこない場合には幅18cm~36cmということです。


主に、祭壇の中、神棚の前に置くためのもの。

馴染みが浅いと必要ないかもしれませんが、一度使うととても便利な台ですね。


セトモノを乗せる、お供えを乗せるなど、一段上げて置いておくと気分がいい。


神棚前で使う場合には、それほど幅はいらないかもしれない。

乗せるものをどうやって乗せるのか?ここでしょうね。


一応、お手本のような乗せ方はありますがセトモノ類も人それぞれ乗せる順番が違います。

一列にズラリと乗せるときには幅広を選ぶといいでしょう。


おまかせ工房の豆八足台は総檜です。





ときには、もっと長い豆八足台が必要という方もいるかと思います。

そのときには問い合わせてみてください。


ただし、豆八足台は神道八脚とは違います。

あくまでも祭壇の中や神棚の前などに置くことを前提としているものですね。


でも、聞かないとこちらもわかりませんので、気軽にどうぞ。





小さな八足台・豆八足台
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4b9bbb0ca.html




興味のある方は是非ご覧ください。