投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

神棚をガラスケースにいれておきたい 神殿ケース中型サイズ向け

イメージ
中型サイズの神棚向けガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html

まず、どの程度の大きさの神棚であれば入れることができるのか? と言えば、このガラスケースは、おまかせ工房の弥栄屋根違い三社中型サイズ専用ということで作り始めたので、その寸法を参考にしてみてください。

もっとも神棚だけを入れてだけではなく、木札などを直に祀っておきたいときでも使うようですが、かなり大きな箱なので、やはり神棚をすっぽりいれておくことのほうが多いでしょう。


このガラスケースは壁に掛けられるようにもできますが、棚板の上に置いたりする場合もある。

棚板の場合には幕板があることもありますので、その幕板は一旦外さないといけないこともありますので、その場合には組み立ての逆をしてください。





【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
---詳しい紹介---
外寸高さ56cm 幅72cm 奥38cm

内寸(本社)高さ51cm 幅67cm 奥33cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社(中)に最適なサイズです。



中型サイズの神棚向けガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html





興味のある方は是非ご覧ください。

【神道】御霊・錦覆付

イメージ
【神道】御霊・錦覆付http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html



御霊(みたま)にはいくつか形がありまして、今回は錦覆付を紹介してみます。


御幣に箱を付けてカバーを被せたものと言えばわかりやすいかと思います。


少し丁寧な祀り方になります。





御霊を初めて選ぶ人の場合には、好きなものを選べばいいんですが、過去の御霊と全て一緒にしていく必要はありません。

地域や風習によって様々な御霊の形があります。


どうしても悩むという場合には神主にでも相談してみればいいと思います。





【神道】御霊・錦覆付
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html







興味のある方は是非ご覧ください。

特上御霊舎・・・・一番人気のある家庭用祭壇になります。

イメージ
特上御霊舎・・・・一番人気のある家庭用祭壇になります。http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c6c3bee5ba.html


仏教でいうならお仏壇ですが、仏壇と言わずに祭壇、神徒壇などと言います。


お仏壇のように装飾をしたり漆塗りにしてみたりということは神道の場合はしません。

白木を生かしたものになります。


大きさ種類もいくつかありますが、どれも至ってシンプルデザインなのが特徴です。




このシリーズが一番人気があります。

最近では大きな祭壇より小さな祭壇を好まれるようでして、御霊舎などもよく売れています。



背丈の高い祭壇の場合には八足台があったほうが便利かもしれません。

今回紹介している背丈の低い祭壇の場合には八足台は使わないでもいいかも。



スプルース製というのは、北米産の桧の事です。

国産の桧に比べると白いのが特徴です。

価格の違いがもっとも大きな違いといえばそうなりますね。



特上御霊舎
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c6c3bee5ba.html






興味のある方は是非ご覧ください。

【神道】御霊・檜角型

イメージ
【神道】御霊・檜角型http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html


御幣の太い版にカバーをかけたものが檜角型です。

カバーに穴を開けていて、その穴に上に魂の通り道があります。


たまに穴の上に付いている通り道を「傷」があるという人がいますが、これは「傷」ではなくて「通り道」ですので、お間違いないようにお願いいたします。





御霊をどれにしようかって余り悩まない事が多いですね。


先代からの型を継承していくことが多いのではいでしょうか。


でも数が増えてきたりして変更しなければならないこともあったりして、まぁそこら辺はいろいろです。



先にも書きましたが、穴から魂が抜けていくので魂の通り道を作るべく、穴の上に刻みをいれてあります。


以前、「傷があるよ」と言われたことがありますが、傷ではなく通り道。


説明して「あーそういう事だったんですか」と言われましたけど、そういう事です。



初めて檜角型を選ばれるとは思ってもみなかったので、これは当店の説明不足だったのでしょう。




【神道】御霊・檜角型
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceee.html






興味のある方は是非ご覧ください。

八足台の用途は多種多様です。

イメージ
八足台の用途は多種多様です。http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bad7c3c5b5.html

八足台は八脚案・八脚台とも呼ばれるものです。


そもそも八足台って何に使うの?という方々もいますが、神社に行けばいろいろな使われ方をしています。


要するに台なんですが、机にもなり決まった用途がありませんのでとても便利です。


神社などでは玉串を置くときに使い、神前結婚式のときには来賓客の机としても使います。

御神籤を引く場所ではこの台の上に三宝などを置いて準備したりもします。




それは神社の話なので、家庭では何に使うのか?という点でブログを書いてみたいと思います。






神道祭壇があるご家庭ではその前に置くわけですが、それはとても一般的な使い方です。


それとは別に神棚を置くための棚台として使うこともありますので、今回は棚台として使う場合を考えてみます。



神棚の多くは天井から吊り下げるような位置に祭ると思いますが、天井から梁が大きく出ていたり、場所によっては上に祭れないことあります。

そして高いところにあると水を取り替えたりするときできないなんてこともある。

高齢になれば腕を上げるのもしんどくなるし、そもそも背丈が合ってないこともある。


八足台を神棚台に使うベストな高さは150センチぐらい。

神棚を祭ると全体の高さとして190センチ前後になるでしょう。

一段式でもいいし二段式、三段式でもいいんですが、一番多く使われているのは二段式。

二段式で一段目の高さを150センチ、二段目の高さを120センチぐらいで作ると神棚で参拝しやすくなります。

二段目には三宝などを乗せるわけですね。


二段式にすると60センチぐらい前にせり出してしまうので、それでは困る場合には一段式にします。


八足台は本来は桧で作りますが、桧で作ると少し高いということでスプルース製で作ることもあります。

スプルースとは北米産の桧のことです。

桧の色は黄色ががっていますが、北米産の桧はそれよりも白いのが特徴ですね。



八足台には決まった高さというものはありません。


初めから何センチの高さという基準です、使う場所、使う人などで決めてもらうのが八足台。

だから、注文するときには何センチの高さで作るのかを指定してください。

おおむね、150センチまでの高さであれば料金内…