投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

定番三社シリーズ 箱宮スタイルのしめ縄付き三社

イメージ
ガラス箱宮 しめ縄付き 雲彫仕様 柵付属https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html

箱型の神棚のことを「箱宮」という言い方をすることが昔からあって、神棚のことを「宮形」とも言いますね。

そのため箱宮という言葉は神具関係者はよく使います。

箱宮はそのまま壁にセッティングできることもあって、棚板不要と思いがちですが、近年は神棚の祭り方もいろいろ増えてきて、棚板の上に箱宮を置く人たちもいます。

そのとき棚板に「幕板」と言われる部分がある場合、一旦、取り外さないと入らないこともあるようなので知っておいてもいいかもしれないな。

入ると思っていたのに入らないなんて、、、サイズが問題ないのに、、、、ということが起きると焦ってしまう。

別に焦る必要もありません、棚板は組み立てられたものだと思いますので、分解すればいいだけの話ですからね、幕板の取り外しは簡単です。



 一般に正面にもガラスを入れておきますが、お供えの交換頻度が多い場合には中央ガラスを開けっ放しにしておくこともあるようです。

正面ガラスは4枚で、使っても使わなくても問題なし。

両サイドのガラスは取り外しはできません。



【神具】ガラス箱宮 注連縄付き 大型 神棚
---詳しい紹介--- 外寸 高さ39cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅40cm 奥4cm


備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




ガラス箱宮 しめ縄付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c4dfb2bcbc.html



興味のある方は是非ご覧ください。

増えた御霊をまとめておく 繰出型

イメージ
増えた御霊をまとめておく 繰出型http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b7abbdd0b7.html

今回ご紹介する御霊はまとめておくための御霊です。

何のことかわからない方もいるかと思いますが、御霊も増えてくるわけです。

1台、2台・・・・8台・・・・10台・・・15台と増えてくる。

そうなってくると祭壇が大きければ問題ありませんが、入れ場所に困る。


そこで、それら霊璽をひとまとめにするためのもの。

10枚セットです。


似たようなものは位牌でもありますね、これは神道ですが目的は同じと思ってもらって結構です。


ですので、初めて御霊を手にするときには、この繰出型が使うことはないと思います。






先を見込んで最初から繰出型にする人はいません。

あくまでも増えてきたら考えればいいものです。


神職にお願いすれば上手にまとめてくれるので、わからない場合には聞いてください。


代々続いている家系ではよくします。



増えた御霊をまとめておく 繰出型
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b7abbdd0b7.html



興味のある方は是非ご覧ください

極上御霊舎・・・少し大きめの御霊入れ(祖霊舎)

イメージ
極上御霊舎・・・少し大きめの御霊入れ(祖霊舎)http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html

祖霊舎も御霊舎も同じですが、御霊舎(みたまや)は主に御霊・霊璽専用という感じです。

特上御霊舎シリーズと極上御霊舎シリーズは大きさが少々異なっていて、極上御霊舎シリーズの方が大きい。

すでに霊璽があるのであれば、それに合わせて神道祭壇を選ぶと思いますが、先に神徒壇などを選んでから霊璽を作る場合には、祭壇の選択肢は広がるかと思います。


御霊舎は小型ですので、置き場には苦慮しないのではないでしょうか。

コンパクトサイズの祖霊舎のご紹介です。






商品ページには細かい画像を掲載していますので、一目瞭然だと思います。


おまかせ工房の御霊舎はシンプルに作ります。

塗装をしない神道向け祭壇ですので材質を吟味して作っていくわけです。



これは、御霊入れなんですけど、御霊以外でもOKです。

店長が見てきた聞いてきた例では、いろいろな宗教でいただくものというのがあるようでして、それをしっかり祀っておきたいとき入れているようですね。
物体になったもの。

御霊舎は中の空間を広く取るように作るので、大黒様でも入れられるし、戎様とかね。

まぁ、第一の目的は御霊なんですけど、絶対にそれ以外には使えないというものではありません。




極上御霊舎・・・少し大きめの御霊入れ(祖霊舎)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b8e6ceeebc.html






興味のある方は是非ご覧ください。