細長い破魔矢だからこそ見栄え良く飾りたい 破魔矢置台 桧製

イメージ
破魔矢の綺麗な飾り方 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html

求める時には興味があってもしばらくするとその興味が薄れてしまうことはよくあることです。

破魔矢も一旦置いてしまうとそれっきり、、、なんてことあるのではないでしょうかね。

置き方をちょっと工夫するだけで、あら不思議、カッコよくなる。


神棚の周囲に破魔矢をいかに綺麗に飾るかを考えて作っています。

おまかせ工房の破魔矢シリーズには現在6パターン。

こういうのもいいよね、こういうのが欲しいよね・・・とおまかせ工房の一同があれこれ考えて作っているものです。



破魔矢も一人一本とは限りませんので、二段式というものを新しく作り出しました。

神棚の周囲って狭いことが多いのでコンパクトに作ってあります、そして素材は神前を前提にしているので桧製。

このぐらいしっかりと作っておくと、毎年毎年の楽しみが増えるはず。

今年は掛けてみるか、、、いや、、、置いてみるか、、、、なんてね。


まぁ、神棚の周囲のみならず、いろいろな場所で使えますよ。



神前破魔矢置台
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html




興味のある方は是非ご覧ください。

霊璽入れ 御霊入れとして定評のある特上御霊舎 尾州桧シリーズ

特上御霊舎 尾州桧 大型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan003.html

おまかせ工房の尾州桧で作る御霊舎シリーズはもう何十年も続くロングセラー商品です。

小型、中型、大型があって、さらに幕板の付いた極上シリーズなどもありますが、サイズ的なことからこの特上シリーズがよく出ますね。


シンプルなデザイン、そして、無塗装。

それ故、良い素材を使って作るのが御霊舎としての基本的な考え方になります。


こういうものがあることをネット通販で初めて知った人も多くて、ときには神棚として使えるものなのか? ということを聞かれることがあります。

使ってはいけない理由がありません、ただ、作る側としては御霊、霊璽などを入れてもらうために作っているということだけです。

実際、内部の空間も広いので御神体、木箱入り御札などを持っている人はこのほうが都合がいいようです。





この御霊舎だけを置いておくこともあれば神具を置いて祭っておくこともあります。

竜彫神鏡2寸を軸にした神具一式セットを置いてみた参考例が下記の動画ですので、神具の大きさ比較などにも役立つのではないでしょうか。

特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例 Youtube動画



特上御霊舎 尾州桧 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/saidan003.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法