神棚をガラスケースに入れておきたい 小型、中型サイズのガラスケース

イメージ
小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html

ガラスケースのみの場合には小型サイズ向けと中型サイズ向けに2種類を作っています。
まだ神棚が新しいうちに入れておくといいでしょう。

箱宮神殿の宮型部分と単体である宮型では大きさが違います。
このガラスケースは通し屋根三社、屋根違い三社などの単体の神棚をすっぽり収めることができるケース。

箱宮神殿のようにするわけです。
ただ、神棚を入れることだけで使われるわけではありません、大きな木札を立てかけるようにしたいとき、御神体が物体のような形状で神棚では入らないときなどでも使います。



背面には吊り下げ金具を取り付けてありますので、そのまま壁にかけたいときでも大丈夫ですが、壁への取り付けについては手慣れた人にやってもらってください。
近年ではこのようなガラスケースをすでにある棚板の上に置いたり、タンスなどの上で使ったりと、従来の壁掛けとは違う使い方で神棚を祭っていることも増えました。
どのような形でも対応できると思います。

側面のガラスは外せません、正面のガラスは4枚使いますが、これは後入れですので、毎日開閉するのが大変だという場合には中2枚は開けておくとか使わないなどもできます。


小型サイズの神棚をそのまま入れられる神殿ガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217918.html



興味のある方は是非ご覧ください。

神棚の周囲に木製灯篭を置いてみよう

尾州桧で作る木製神前灯篭

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html

灯篭にもいろいろあってこのような木製灯篭になると神棚より値がいいということになるかもしれないけど、実は神棚で使うより神道祭壇、祖霊舎などで使う機会の方が圧倒的に多い。

このぐらいの木製灯篭をつかわないとね、プラスティック製の灯篭ではせっかくの祭壇がもったいないわけだ。

置くだけのときもあれば、上から下げて使う吊り灯篭というものもある。

今は全部LED電球に取り替えてあるから熱がこもることはないと思う、ただ、一年365日点けっぱなしということもあるからさ。

吊り下げ灯篭はワンサイズだけ、置き灯篭はいくつかサイズがあります。

おまかせ工房の木製灯篭を尾州檜を使った一級品ランクのものです。



もしプラスティック製の灯篭を使っているときには、木製に取り替えると抜群に雰囲気がよくなると思う、夜になると点灯させたくなる。

吊り下げタイプのものは神棚で使うなら天井から下げる、祭壇だと内部から下げることになる。

あれこれお供えなどを置いて場所がないっていうときには吊り下げタイプを検討してみてください。



尾州桧で作る木製神前灯篭
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

八足台・八脚案・八脚台と言われる机のようなもの