一番小さなガラスケース入りの箱宮神棚 筋幕聖神殿小型サイズ

イメージ
筋幕聖神殿 小型サイズ https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0654/

ガラス宮の中で最も小型のものが今回紹介をする筋幕聖神殿になります。

幅40cm程度ですが神具一式極小セットなどは問題なく入れられますので、コンパクトサイズの神棚を探している人にはとても評判の良い神棚になります。

小さな棚板などがあればその棚板の上に置いてもいいでしょうし、箱宮なので裏側に吊り下げ金具を取り付けてありますから、壁に直に取り付けてしまうこともできます。






【神具】筋幕聖箱宮神殿 小型 聖13号 神棚 ---詳しい紹介--- 外寸 高さ38cm 幅40cm 奥24cm 内寸(本社) 高さ26cm 幅27cm 奥4cm

備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。 本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。 これは吊り下げることもできるタイプのものです。 お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

小型サイズの箱宮ですが、神具一式セット(極小)はこのように全て入れることができます。




筋幕聖神殿 小型サイズ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0654/




興味のある方は是非ご覧ください。

コンパクトに神鏡を置いた御札の祭り方 御札舎本一社大型バージョン


御札舎本一社 大型 尾州桧 上品


https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05440559621791.html

神鏡3寸 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3244.html

シンプルに神札を祀っておきたいときの参考例です。

おまかせ工房の御札舎本一社大型サイズと神鏡3寸を利用してみました。

御札舎の中型、大型には引き出しをつけていますので、そこに神鏡をセット。

この御札舎は壁掛けにしたい人たちもかなりいますので、そのときには「吊り金具希望」を選択してください、こちらで金具を取り付けておきます。


この場合、扉は開けていても閉じていてもいいでしょう。


知っておいて欲しい点として、基本的には神棚の扉は閉めておく、ということですが、これは習慣や地域性がかなり強いので、自分が心地良いほうを選びますね。

今回のような御札専用の神棚のような作りであれば問題ありませんが、神棚の種類によっては扉を開けてると高欄にあたることもあります。

まぁ、とりあえず今回の例では問題なし。





このような状態でも壁掛けできますが、引き出しを固定しておくほうがいいでしょう。

その固定の方法は接着が一番です。

もう決めたものしか乗せない心構えが必要になりますが、木工ボンドが乾いた後でも透明になるので適しているのではないでしょうか。

木工ボンドなどはベタベタつけません、少量で十分。

上手につけておけば引き出しを強く引き出せば取れるくらいの微量の方がいいこともありますね。





御札舎本一社 大型 尾州桧 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana05440559621791.html

神鏡3寸 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana3244.html


興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法