神棚の周囲に木製灯篭を置いてみよう

イメージ
尾州桧で作る木製神前灯篭 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html

灯篭にもいろいろあってこのような木製灯篭になると神棚より値がいいということになるかもしれないけど、実は神棚で使うより神道祭壇、祖霊舎などで使う機会の方が圧倒的に多い。

このぐらいの木製灯篭をつかわないとね、プラスティック製の灯篭ではせっかくの祭壇がもったいないわけだ。

置くだけのときもあれば、上から下げて使う吊り灯篭というものもある。

今は全部LED電球に取り替えてあるから熱がこもることはないと思う、ただ、一年365日点けっぱなしということもあるからさ。

吊り下げ灯篭はワンサイズだけ、置き灯篭はいくつかサイズがあります。

おまかせ工房の木製灯篭を尾州檜を使った一級品ランクのものです。



もしプラスティック製の灯篭を使っているときには、木製に取り替えると抜群に雰囲気がよくなると思う、夜になると点灯させたくなる。

吊り下げタイプのものは神棚で使うなら天井から下げる、祭壇だと内部から下げることになる。

あれこれお供えなどを置いて場所がないっていうときには吊り下げタイプを検討してみてください。



尾州桧で作る木製神前灯篭
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c1b0c5.html




興味のある方は是非ご覧ください。

神棚 神道祭壇などで使われる真榊 木製台軸仕様

三種の神器を祭ろう 真榊 まさかき

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html

真榊という神具があります、初めて見たって人もいるかもしれない。

神棚に置いたり、神道祭壇に置いたりしますが、神社ではさらに大きなものを使います。

神具としては珍しく、置き方が決まっていて、左右の位置が決まってる。


画像のように置きます、これは三種の神器の位置関係ですね。


おそらくカラフルな五色に目がいくと思いますが、この五色の意味はかなり深い。

知ってみたいなぁ~と思ったときにでも検索をしてみるといいでしょう。

「説」が加わってきますので知ろうとすると膨大な情報量になります。





神棚も明るくなりますね。


それと最近だと、榊立ての代わりに真榊を置く人も増えてきました。




三種の神器を祭ろう 真榊 まさかき
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法