縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

イメージ
大黒宮一社 尾州桧 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。

神棚 神道祭壇などで使われる真榊 木製台軸仕様

三種の神器を祭ろう 真榊 まさかき

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html

真榊という神具があります、初めて見たって人もいるかもしれない。

神棚に置いたり、神道祭壇に置いたりしますが、神社ではさらに大きなものを使います。

神具としては珍しく、置き方が決まっていて、左右の位置が決まってる。


画像のように置きます、これは三種の神器の位置関係ですね。


おそらくカラフルな五色に目がいくと思いますが、この五色の意味はかなり深い。

知ってみたいなぁ~と思ったときにでも検索をしてみるといいでしょう。

「説」が加わってきますので知ろうとすると膨大な情報量になります。





神棚も明るくなりますね。


それと最近だと、榊立ての代わりに真榊を置く人も増えてきました。




三種の神器を祭ろう 真榊 まさかき
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfbfbae7.html





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法