縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

イメージ
大黒宮一社 尾州桧 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。

男性に人気のある箱型神棚のトップランク 雲彫のしめなわ付きガラス箱宮

ガラス箱宮三社 注連縄付き 幅1尺8寸仕様 18号

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217914.html

しめなわ付きシリーズの箱宮神殿のご紹介です、こちらのサイズは小型・中型・大型の3のサイズを作っていて、幅寸法の違いです。

いつかはこういう神棚で祭ってみたい人もいると思います。

というより、今ある神棚の交換するタイミングもあるでしょうし、まぁ、いろいろな事情もある。

でも、定番の三社です、雲彫も適度な具合で入れてあります。


左右には柵、この柵は結界ですね。


壁に掛ける人、台の上に置いておく人に分かれると思います。

箱宮はそのどちらも可能、棚板がある人でもその上に置きます。


正面のガラスは4枚後から入れますが、お供えの都度の開け閉めで面倒になるようでしたら、始めら外しておくとか、中二枚だけ開けておくなどするといいのではないでしょうか。






【神具】ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(中)吊下式(神棚)
---詳しい紹介---
外寸
高さ39cm 幅54cm 奥32cm
内寸(本社)
高さ25cm 幅34cm 奥4cm
末社

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
これは吊り下げることもできるタイプのものです。

材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。



神棚 三社 ガラス箱宮三社 注連縄付き 18号 中型サイズ 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 【上品】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217914.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法