細長い破魔矢だからこそ見栄え良く飾りたい 破魔矢置台 桧製

イメージ
破魔矢の綺麗な飾り方 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html

求める時には興味があってもしばらくするとその興味が薄れてしまうことはよくあることです。

破魔矢も一旦置いてしまうとそれっきり、、、なんてことあるのではないでしょうかね。

置き方をちょっと工夫するだけで、あら不思議、カッコよくなる。


神棚の周囲に破魔矢をいかに綺麗に飾るかを考えて作っています。

おまかせ工房の破魔矢シリーズには現在6パターン。

こういうのもいいよね、こういうのが欲しいよね・・・とおまかせ工房の一同があれこれ考えて作っているものです。



破魔矢も一人一本とは限りませんので、二段式というものを新しく作り出しました。

神棚の周囲って狭いことが多いのでコンパクトに作ってあります、そして素材は神前を前提にしているので桧製。

このぐらいしっかりと作っておくと、毎年毎年の楽しみが増えるはず。

今年は掛けてみるか、、、いや、、、置いてみるか、、、、なんてね。


まぁ、神棚の周囲のみならず、いろいろな場所で使えますよ。



神前破魔矢置台
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/c7cbcbe2cc.html




興味のある方は是非ご覧ください。

縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

大黒宮一社 尾州桧

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法