木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

鎮物 しずめもの 一度は自分で埋めておこう

簡易版でも中身は同じ 鎮物

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004s.html

桐箱版と簡易版がある鎮物ですが、箱の中でに何も入れるものがない場合には簡易版で十分です。

そういう人たちもいるので、中身は同じものを使っています。


箱付きで大麻多めが良ければ桐箱入り。

簡易版も少量の大麻を付けてあるのでそれで結んでおけば十分です。


今、個人で鎮め物を埋めておきたい人が増えてきました。


業者任せ、やったのかやらなかったのか自分ではわからない、中古物件で入手した、集合住宅だけどやはり個人的にしておきたい・・・・などなど。




桐箱入りを選ぶ人は一筆書いたものを入れておきたいときですね。

簡易版でも紙を折り畳んで小さくして大麻で縛って一緒に埋めておくこともできます。

埋めたら二度とみることはないと思いますが、名前と日付ぐらい書いておいてもいいかもしれない。



簡易版 鎮物
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai004s.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法