縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

イメージ
大黒宮一社 尾州桧 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。

小型の箱型神棚に神具を入れてみたガラス箱宮三社の祭り例

ガラス箱宮16号三社

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217916.html

幅48cmほどなので1尺6寸サイズの箱型神殿を使った神具の祭り例になります。

小型の箱型神棚になります。

意外と中に収めることができますが、全て一番小さな神具を選んでフルセットとして販売している国産神具を使ってみました。


引き出しがありますので、榊立ては外に置いてもいいかもしれません。

このまま台の上に置くもいいでしょうし、壁に掛けられるようにもしてあります。




【神具】 ガラス箱宮16号三社 神棚
---詳しい紹介---
外寸
高さ39cm 幅48cm 奥32cm
内寸(本社)
高さ25cm 幅29cm 奥4cm
末社

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




Youtubeの動画。

【使った神具】
上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 上品

上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸






ガラス箱宮16号三社 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217916.html

上彫神鏡1.5寸と極小神具一式セット 国産神具
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法