桶はタガで締め込みながら作ります 地鎮祭用具

イメージ
半桶 書院(杓) 柄付桶 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

地鎮祭で使う本物の道具というのは手作りになります。

今ではなかなか見られない手打ちで作るということもあって、木製桶などの使い方から説明をすることもしばしばありますね。

ちゃんとわかるように説明を書いてあるのでまずは商品ページを読んでみてください。



今回は使い方の話ではなく、作り方の話。

桶には周囲に銅製の「タガ」を噛ましてあります。

嵌めてあるというより噛ましてあるという漢字のほうがニュアンスとして近いはず。


このタガはお飾りで付けてあるものもあれば、軽く触る程度につけてあるもの、そして、本当に締め込んであるものなどいろいろなものが世の中にはあります。

っで、良いものは本当に締め込んであります、噛まし込む状態です。

そのため打ち込んで嵌めていく途中で周囲の木をえぐっていく。


キズのようなものが付いていることがありますが、これはキズではなくて本当に噛まして作ってあるからでるものです。







地鎮祭 手水用具 Bセット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

小型の箱型神棚に神具を入れてみたガラス箱宮三社の祭り例

ガラス箱宮16号三社

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217916.html

幅48cmほどなので1尺6寸サイズの箱型神殿を使った神具の祭り例になります。

小型の箱型神棚になります。

意外と中に収めることができますが、全て一番小さな神具を選んでフルセットとして販売している国産神具を使ってみました。


引き出しがありますので、榊立ては外に置いてもいいかもしれません。

このまま台の上に置くもいいでしょうし、壁に掛けられるようにもしてあります。




【神具】 ガラス箱宮16号三社 神棚
---詳しい紹介---
外寸
高さ39cm 幅48cm 奥32cm
内寸(本社)
高さ25cm 幅29cm 奥4cm
末社

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。




Youtubeの動画。

【使った神具】
上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット 上品

上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸






ガラス箱宮16号三社 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217916.html

上彫神鏡1.5寸と極小神具一式セット 国産神具
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-002.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法