絵馬を掛けたい 御守を掛けておきたい そのとき使うスタンド 掛台

イメージ
絵馬掛けスタンド 御守スタンド https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html

具体的な商品名がありませんが、目的としては絵馬や御守を掛けて祀っておける、という至ってわかりやすい商品です。

絵馬って神社の絵馬掛け台に掛けておくことが多いと思いますが、持ち帰ってくる人もいますよね。

神社の絵馬掛け台にもすぐに一杯になって、古いものから処分していきます。

まぁ、それはそれでいいんですけど、やはり、祈願なので手元に置いておきたいわけです。

捨てられては困る・・・・ということ。


それと絵馬については神棚に飾っておくこともある。

そのとき、、、、見えます?

どうしても手前に置きますよね。

もし、一段上げて引っ掛けることができるものがあれば便利ですね。

これで見えます。



御守はしまってしまう人いるので、表に出しておく。

できることなら身につけておくってことなんですけど、毎日使うバッグとかね。

女の人は使うバッグを変える頻度が高いので、入れ替えもちょっと面倒かもとなる。


そんことならいっそうのこと掛けておけばいいのではないでしょうかね。

神棚の棚板の上に御守を祀っている人たちはいるもんです。

小型神殿などを使って祀っている人もいるし、このような簡易タイプの御守掛けを使っていることもあります。



絵馬掛け台 御守掛台
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/ema-omamori-stand.html



興味のある方は是非ご覧ください。

箱宮の外箱の大きさ比較 中型サイズと大型サイズ

箱宮ケース 中型 大型 尾州桧バージョン

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html

箱宮三社の外箱だけを利用して御札などをそのまま祀っておくことがあります、多くの場合には木札などになりますかね。

中型サイズと大型サイズの2サイズを用意していますが、ともかく形が同じです。

そのため、数値で書いてあっても大きさの違いがピンとこないこともありますね。

今回は、、、その2つの大きさ比較です。


容量としてはかなり違っていても、大きさとなるとそれほど変わらないような・・・いや、変わるような・・・という感じですかね。


共に壁掛け仕様にもできますので、この状態でのまま直に壁に掛けたいときには「吊り下げ金具希望」を選択してください。





外側の寸法
中型 外寸高さ37cm 幅47cm 奥21cm
大型 外寸高さ42cm 幅58cm 奥25cm

内部の寸法
中型 内寸高さ32cm 幅44cm 奥18cm
大型 内寸高さ37cm 幅54cm 奥22cm



なお、中型は「箱宮16号三社」の外箱、大型は「箱宮20号三社」の外箱になります。



箱宮ケース 中型 大型 尾州桧バージョン
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法