一番小さなガラスケース入りの箱宮神棚 筋幕聖神殿小型サイズ

イメージ
筋幕聖神殿 小型サイズ https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0654/

ガラス宮の中で最も小型のものが今回紹介をする筋幕聖神殿になります。

幅40cm程度ですが神具一式極小セットなどは問題なく入れられますので、コンパクトサイズの神棚を探している人にはとても評判の良い神棚になります。

小さな棚板などがあればその棚板の上に置いてもいいでしょうし、箱宮なので裏側に吊り下げ金具を取り付けてありますから、壁に直に取り付けてしまうこともできます。






【神具】筋幕聖箱宮神殿 小型 聖13号 神棚 ---詳しい紹介--- 外寸 高さ38cm 幅40cm 奥24cm 内寸(本社) 高さ26cm 幅27cm 奥4cm

備考 内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。 本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。 これは吊り下げることもできるタイプのものです。 お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

小型サイズの箱宮ですが、神具一式セット(極小)はこのように全て入れることができます。




筋幕聖神殿 小型サイズ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0654/




興味のある方は是非ご覧ください。

箱宮の外箱の大きさ比較 中型サイズと大型サイズ

箱宮ケース 中型 大型 尾州桧バージョン

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html

箱宮三社の外箱だけを利用して御札などをそのまま祀っておくことがあります、多くの場合には木札などになりますかね。

中型サイズと大型サイズの2サイズを用意していますが、ともかく形が同じです。

そのため、数値で書いてあっても大きさの違いがピンとこないこともありますね。

今回は、、、その2つの大きさ比較です。


容量としてはかなり違っていても、大きさとなるとそれほど変わらないような・・・いや、変わるような・・・という感じですかね。


共に壁掛け仕様にもできますので、この状態でのまま直に壁に掛けたいときには「吊り下げ金具希望」を選択してください。





外側の寸法
中型 外寸高さ37cm 幅47cm 奥21cm
大型 外寸高さ42cm 幅58cm 奥25cm

内部の寸法
中型 内寸高さ32cm 幅44cm 奥18cm
大型 内寸高さ37cm 幅54cm 奥22cm



なお、中型は「箱宮16号三社」の外箱、大型は「箱宮20号三社」の外箱になります。



箱宮ケース 中型 大型 尾州桧バージョン
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/bfc0c5c2a5.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法