木製桶の使い方 地鎮祭の行われる前にするべきこと

イメージ
地鎮祭 手水用具一式セット 上品 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html

本物を使う機会が生活の中で減ってきて、気がつけば簡略されたものばかりになってきた感がありますが、食材にしろ素材にしろ、元々のものを見かけなくなりました。

桶をひとつ例にとっても同じことです。

木製? なにそれ、、、、こんな会話も成り立つわけでして、プラスティック製に慣れてしまっている。


そこで問題が起こる。


それは使い方を知らないということです。


桶の使い方? 水を入れればいいんだろ?



間違っていないけどそれだと水漏れしまうので、カラカラに乾いた木製桶を使うのではなくて、使うときには一日前には濡らしておいて、木を膨らませてから使うことです。




毎日ように使うならこんなことは誰も言わないんですけど、地鎮祭などは頻度として今ではそれほど多くはないと思います。

保管するときはカラカラにして保管する、使うときには濡れた状態で使う。


木製桶は職人が絶妙な締め具合で作ります。

濡れた木が膨らんで全体を締める、そして、水漏れしなくなる。


それでも何年も使えばゆるみが出る、そのとき周囲にあるタガを少し上にあげて再度締め付ける。

こうして使っていくのが木製桶の使い方です。


長く使えるものなので是非使ってください。




地鎮祭 手水用具一式セット 上品
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/jichinsai002.html



興味のある方は是非ご覧ください。

とても明るい神棚に仕上げてみました 参考例 ガラス箱宮12号一社

ガラス箱宮12号一社 すだれ付き

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217915.html

身の回りを明るくしておくと良い気分になると思う、やはり暗い雰囲気ではダメ。

神棚は祭るものだから明るくしておきたい。

今回は上彫神鏡1.5寸を軸に極小神具セットを用意して、こんな祭り方ができますという紹介です。

全部入れてみましたが神具の大きさのイメージを知るのにも役立つと思います。


このガラス箱宮一社はすだれ付きシリーズとしては最も小さなコンパクトサイズの神棚。

それでもこのような配置で入れることができます。

榊立てだけはかなり榊を剪定して小さくしておかないといけないかもしれない、両葉が広がるから。


左右に置いてある五色絹の真榊があると、、、とても垢抜けた明るい神棚になりますよ。





神具の配置は参考例です。



ガラス箱宮12号一社 すだれ付き
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana01005596217915.html

上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana-micro-002.html

興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法