縁起に縁起を積み上げた大黒宮一社の祭り例

イメージ
大黒宮一社 尾州桧 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html

七福神を祀っておこうと考える人のなかでは圧倒的に「大黒様」「恵比寿様」が多い。

こういう姿形のものを近くに、見えるところに置いておくと、縁起を引き寄せる。

そのときの祭り例です。


明るく祭るのはこの種の縁起の神様では基本中の基本。

しみったれたような祭り方ではいけません。

ただ、明るければなんでもいいのか?ということでもないので、最初はこのぐらいから始めてみて、次第に個人個人の「色」を加えていくと綺麗に祭れるのではないでしょうか。



今回使った国産神具は【竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット




せっかくなので「竜彫神鏡」を置いてみました。

こういうのは積み重ねが大事、縁起に縁起を積み上げる、、、、もっと積み上げたいわけですよ。

大黒様、恵比寿様であればこれだけ棚板などの乗せて、別枠で祭ってみてもいいでしょう。




大黒宮一社 尾州桧
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana00805596217912.html





興味のある方は是非ご覧ください。

ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズの祭り例

ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html

おまかせ工房の注連縄神棚シリーズは小型、中型、大型の3つのサイズがあります。

各サイズの違いは「幅」、大型サイズは幅2尺相当、つまり、60cmほどです。

この箱型神棚の中に神具を収めたときの祭り例が今回の内容。



今回使った国産神具は【雲水彫神鏡2寸と神具一式セット
雲水彫神鏡2寸 高さ約11.4cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB(小)
豆八足台7寸


どの神具を使うとわかりやすいか毎回考えどころですね、こうやってみるとわかりやすいと思う。

神具一式セット、神具一式極小セットと分けていて、今回は「神具一式セット」です。

内部にもっと空き空間を作りたいときには「神具一式極小セット」もいいでしょう。

神棚は祭るものなので明るくしておくといいかもしれませんね。



ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法