神棚をガラスケースにいれておきたい 神殿ケース中型サイズ向け

イメージ
中型サイズの神棚向けガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html

まず、どの程度の大きさの神棚であれば入れることができるのか? と言えば、このガラスケースは、おまかせ工房の弥栄屋根違い三社中型サイズ専用ということで作り始めたので、その寸法を参考にしてみてください。

もっとも神棚だけを入れてだけではなく、木札などを直に祀っておきたいときでも使うようですが、かなり大きな箱なので、やはり神棚をすっぽりいれておくことのほうが多いでしょう。


このガラスケースは壁に掛けられるようにもできますが、棚板の上に置いたりする場合もある。

棚板の場合には幕板があることもありますので、その幕板は一旦外さないといけないこともありますので、その場合には組み立ての逆をしてください。





【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
---詳しい紹介---
外寸高さ56cm 幅72cm 奥38cm

内寸(本社)高さ51cm 幅67cm 奥33cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社(中)に最適なサイズです。



中型サイズの神棚向けガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html





興味のある方は是非ご覧ください。

ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズの祭り例

ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html

おまかせ工房の注連縄神棚シリーズは小型、中型、大型の3つのサイズがあります。

各サイズの違いは「幅」、大型サイズは幅2尺相当、つまり、60cmほどです。

この箱型神棚の中に神具を収めたときの祭り例が今回の内容。



今回使った国産神具は【雲水彫神鏡2寸と神具一式セット
雲水彫神鏡2寸 高さ約11.4cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB(小)
豆八足台7寸


どの神具を使うとわかりやすいか毎回考えどころですね、こうやってみるとわかりやすいと思う。

神具一式セット、神具一式極小セットと分けていて、今回は「神具一式セット」です。

内部にもっと空き空間を作りたいときには「神具一式極小セット」もいいでしょう。

神棚は祭るものなので明るくしておくといいかもしれませんね。



ガラス箱宮三社 しめ縄付き 大型サイズ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06305596217915.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

金幣芯・・・それは守り刀

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法