小型の箱宮 シンプルデザインの箱型神棚の祭り例

天星箱宮2型16号三社の祭り例

https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06805596217918.html

小型の箱型神棚に神具一式を入れる場合にはどれを入れるかでそれぞれ神具の大きさを変えていく必要がありますが、フルセットのような量であれば極小神具セットを使うといいでしょう。

画像のように全て収めることができます。


また、全部は必要ない、極限られたものだけという少量の場合には、それぞれの神具を大きめにすることもあります。

神鏡とセトモノセットはワンサイズ大きくても入れることができます。


今回使った国産神具はこちら
竜彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
竜彫神鏡1.5寸 高さ約9.3cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセット(豆)皿2枚(1.5寸)、水玉1個(1.3寸)、平子1対(2寸)、榊立1対(3寸)
豆八足台6寸




天星箱宮2型16号三社 小型の壁掛け式 神棚
---詳しい紹介---
外寸
高さ37cm 幅49cm 奥25cm
内寸(本社)
高さ26cm 幅29cm 奥3cm


備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。 本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げることもできるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。



天星箱宮2型16号三社
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06805596217918.html





興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法

古くなった神具の処分方法