神棚のお供え物が一発で置ける 水米塩の固定台

イメージ
神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製 https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html

そのまま使うもいいでしょう、豆八足台と組み合わせて使うのもいいでしょう。

水、米、塩をお供えするときにあると便利な固定台です。

元々は漁船内で使う揺れ対策用の神具置きとして作り始めましたが、家庭の神棚でもあると便利な固定台ですので、一度使ってみてはいかがでしょうか。


今まで一個一個、位置を決めていたことがなくなり、棚板の上に持ち上げるもの一回で済みます。

また、豆八足台との相性がとてもいいので同時に購入していく人もいます。


なお、豆八足台と固定台を同時に購入の場合には、木彫り雲檜製の無料サービスを現在実施していますので超お得でもあります。


固定台、豆八足台共に受注生産なので、この2つを同時購入のときには木目が合います。

別々に購入すると作る時期や寸法も若干違ってくるので、いずれ必要になると思われる場合には同時購入がいいと思います。




神棚で使うと便利 水米塩の固定台 檜製
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/a4d2a4cea4.html



興味のある方は是非ご覧ください。

金幣芯・・・それは守り刀

金幣芯・・・それは守り刀

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html


まだまだ見かけることが少ない金幣芯。


神具としては昔からありますが、家庭用神棚で金幣芯を置いてあるところは少ないですね。


というより、一体これが何かを知らない人たちのほうが多いような気もしています。

神社に行くと置いてあるのでじっくりと見てみるといいでしょう。


神社で使う場合にはこの形のものや別の形のものなど何種類かあります。





金幣芯は扉の前に置いておくのが使い方。

三社なら中央本社の扉の前だけでもいいです、丁寧な方は三社の扉三枚ごとに置いたりもします。


家庭用神棚で使うならば、今回紹介している大きさか、もう一つ多いもので十分でしょう。

神社で使う場合には50センチぐらいのものなど、とても大きなものを使います。



攻撃は最大の防御なんて言葉がありますが、これは攻撃するためのものではなくて防御するためものも。

守ってくれる人も素手では困るわけです。




金幣芯
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法