神棚をガラスケースにいれておきたい 神殿ケース中型サイズ向け

イメージ
中型サイズの神棚向けガラスケース https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html

まず、どの程度の大きさの神棚であれば入れることができるのか? と言えば、このガラスケースは、おまかせ工房の弥栄屋根違い三社中型サイズ専用ということで作り始めたので、その寸法を参考にしてみてください。

もっとも神棚だけを入れてだけではなく、木札などを直に祀っておきたいときでも使うようですが、かなり大きな箱なので、やはり神棚をすっぽりいれておくことのほうが多いでしょう。


このガラスケースは壁に掛けられるようにもできますが、棚板の上に置いたりする場合もある。

棚板の場合には幕板があることもありますので、その幕板は一旦外さないといけないこともありますので、その場合には組み立ての逆をしてください。





【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース 吊り金具付き
---詳しい紹介---
外寸高さ56cm 幅72cm 奥38cm

内寸(本社)高さ51cm 幅67cm 奥33cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。
お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。
当店の弥栄屋根違い三社(中)に最適なサイズです。



中型サイズの神棚向けガラスケース
https://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/kamidana06105596217917.html





興味のある方は是非ご覧ください。

金幣芯・・・それは守り刀

金幣芯・・・それは守り刀

http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html


まだまだ見かけることが少ない金幣芯。


神具としては昔からありますが、家庭用神棚で金幣芯を置いてあるところは少ないですね。


というより、一体これが何かを知らない人たちのほうが多いような気もしています。

神社に行くと置いてあるのでじっくりと見てみるといいでしょう。


神社で使う場合にはこの形のものや別の形のものなど何種類かあります。





金幣芯は扉の前に置いておくのが使い方。

三社なら中央本社の扉の前だけでもいいです、丁寧な方は三社の扉三枚ごとに置いたりもします。


家庭用神棚で使うならば、今回紹介している大きさか、もう一つ多いもので十分でしょう。

神社で使う場合には50センチぐらいのものなど、とても大きなものを使います。



攻撃は最大の防御なんて言葉がありますが、これは攻撃するためのものではなくて防御するためものも。

守ってくれる人も素手では困るわけです。




金幣芯
http://store.shopping.yahoo.co.jp/omakase-factory/b6e2cabebf.html




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

八足台の用途は多種多様です。

鎮物を埋納し忘れたときの対処方法